天理教の葬儀の流れや香典の包み方、玉串奉奠や参拝方法を徹底解説|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

天理教の葬儀の流れや香典の包み方、玉串奉奠や参拝方法を徹底解説|葬儀・お葬式なら【公益社】

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法天理教の葬儀

葬儀のマナーへ戻る

天理教の葬儀

世の中にはさまざま宗教、宗派があります。そのうちの一つが「天理教」です。奈良県に中心が置かれ、1800年代にまでその起源をさかのぼることができるといわれています。

今回は、この天理教の考え方、葬儀の特徴などについて解説いたします。

天理教の葬儀

天理教の葬儀の特徴

天理教では、神様が人間に体を貸し与えているという考え方を持っています。神様は人間の親となり、その身を育み、さまざまなことを教えている、としているのです。このような考え方は、天理教の葬儀の内容にも現れています。

天理教においては亡くなることは「神様に体を返すこと」という解釈になります。神様に体を返した後に、また新しい体が見つかるまで、魂を神様にゆだねるという考え方をしているのです。これは「みたまうつし」と呼ばれる通夜にあたる儀式に象徴され、天理教の葬儀のもっとも大きな特徴です。

天理教は、神道の一種として考えられています。特に、昭和20年まではこの傾向が顕著でした。
このため、天理教の葬儀は神道と似たかたちをとることになりますが、相談する相手は「神社」ではありません。全国各地にある教会を対象とすることになります。

天理教の葬儀の流れ

天理教の葬儀の流れは、以下の通りです。

【通夜】

1.祓詞を奏上する
お祓いの言葉を述べます。

2.みたまうつし
魂を体から移し、神の御許へと届けます。

3.供物を供える~礼拝
供物を神前に供えたり、斎主が玉串奉献を行ったりします。また、「しずめの詞」を唱えます。これは、みたまうつしを完了させるための詞であり、非常に重要なものです。

4.列拝と玉串奉献
世話役による列拝が行われたのち、参列者による玉串奉献が行われます。喪主(喪家)が玉串奉献をするのもこのタイミングです。


【告別式】

告別式でも、供物をささげたり、告別式のための詞が奏上されたりします。また、玉串奉献も行うなど基本の流れは通夜と同様になります。

ただし、ここで挙げた流れは、あくまで一例にすぎません。同じ「天理教」でも、その葬儀のやり方には、ある程度の地域差などが存在します。

天理教での葬儀の香典マナー

香典には宗教ごとに表記などを適用したい部分があります。まず、天理教においては、蓮の花の書かれた香典袋は使いません。これは仏教の考え方によるものだからです。

表書きについては、神道に準じます。「御玉串料」「御榊料」「御霊前」などが一般的です。仏教ではよく使われる表書きである「御仏前」は、当然用いない方がよいでしょう。なお、この「御霊前」という表記は、天理教以外にもさまざまな宗教で用いられる表現でもあります。

水引きに関しては地域にもより、黄と白、あるいは黒と白、もしくは銀色のものを使います。これはどんな宗教でもいえますが、もちろん水引のかたちは結びきりです。

なお、香典返しの際には「偲草」という、ほかの宗教ではあまり使われない表記が用いられます。

天理教の玉串奉献のやり方と参拝方法について

天理教の玉串奉献のやり方について見ていきましょう。天理教の玉串のやり方は、神道のときと同じです。まず、両手で玉串を受け取ります。右手は手のひらを下に、左手は手のひらを上にして受け取るようにします。

この後、玉串を時計回り(右)に回して、祭壇側に茎を向けるかたちで静かに置きます。その後の参拝についてですが、これにも決まりがあります。

1.祭壇の前で2回礼をする(離れている場合は1礼とする場合もあり)
2.柏手を4回うつ(ひかえめな音)
3.一拝する
4.柏手を4回うつ(ひかえめな音)
5.一礼をする

非常に特徴的なのは、この「柏手」の部分です。通常の葬儀においては、柏手は「しのび手」といい、音を立てることはしません。しかし天理教の場合は、必ずしもしのび手でなくてもよいとされています。これもまた、天理教の葬儀の大きな特徴といえるでしょう。

天理教の葬儀で不安なことがあれば、まずは相談から始めよう

ここまで、天理教の葬儀について見てきました。ただ、ここで挙げた内容はあくまで一般的なものです。実際の葬儀においては、これに加えて地域差があり、それぞれの所属する教会の考え方の違いが多少生じたりします。このような点を解消するためには、ぜひ専門家への相談をおすすめします。

たとえば、葬儀社である公益社では、天理教の葬儀における「不安だ」「どうしたらよいのかわからない」に、的確にお応えいたします。見積もりについても細かく算出いたします。

葬儀の「わからない」は、そのままにしておくと後々まで後悔することにつながります。宗教的なこと、お金のこと、慣習のこと…。さまざまな「わからない」は、しっかり解消していきましょう。
「自分ができることをしっかりやった」「きちんと相談・学習した」という経験は、きっと後悔のないお見送りに繋がるはずです。

天理教の葬儀をお考えの方は、公益社にご相談ください。24時間365日ご相談を承ります。

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ