弔辞の書き方と文章構成にも基本の形があります。まずはポイントをおさえましょう。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法弔辞の書き方と文章構成

葬儀のマナーへ戻る

弔辞の書き方と文章構成

故人と親交が深かった場合、葬儀で読みあげる弔辞を依頼されることがあります。故人を弔う言葉であり、送る言葉になります。心をこめて準備しましょう。

弔辞について

弔辞について

弔辞は故人と親交の深かった人が霊前に捧げる「故人を弔う言葉」です。
どうしても、きっちりとした固めの文章にすべきと思いがちですが、無理に難しい言葉を使う必要はありません。ご遺族や参列者など聞いている人が聞き取りやすく理解しやすい言葉を選びます。
どうして自分が弔辞を依頼されたのか、故人との関係を考慮し、生前の思い出や故人の人柄を偲ばせるエピソードを、自分なりの言葉でまとめるようにしましょう。

弔辞を作成する際のポイント

長さ

弔辞の長さはゆっくり読んで3分程度、長くても5分以内にまとめます。文字量でいうと800~1000文字が目安です。

構成

導入は故人を悼む言葉から入り、その後、故人の人柄や業績など思い出深いエピソードを交えつつ、まとめます。
そして、最後はご遺族へのお悔やみの言葉と、冥福を祈る言葉で結びます。

使ってはいけない言葉

ご遺族に挨拶する時と同様に、弔辞でも不幸が重なるイメージを連想させる言葉や「死亡」といった直接的な言葉など、忌み言葉は避けるのがマナーです。

書式

文章がまとまったら、巻紙に薄墨の毛筆でしたため、奉書紙に包むのが正式な作法です。
社葬のような形式的な葬儀でなければ、便箋にペンで記し、白い封筒に入れる形でもかまいません。
弔辞は読み終わったら祭壇に供え、その後、ご遺族の手にわたるので、失礼のないよう、ていねいに書きましょう。

巻紙に記す際は、折りたたんだ時に文字が中央にくるように十分な余白を取り、「弔辞」と記します。そして、また十分な余白を取り、本文を書き始めます。
行間を詰めて書くと見にくいので、少しゆとりを持たせるといいでしょう。
本文を書き終えたら、また、少し余白を取って日付、記名します。そして記名から十分な余白を取って巻紙を切ります。

包み方

「弔辞」の文字が表面の中央に来るように折りたたんだ弔辞文を奉書紙の真ん中に置きます。
上下左右とも十分な余白ができる大きめの奉書紙を準備し、右側が下、左側が上になるように包んだら上下を裏へ折ります。
包み終えたら、表の中央部分に「弔辞」と書き、下に記名をします。

その他知っておくべき事柄(注意点など)

弔辞を読む際は、次のことに注意しましょう。

  • 1.司会者に呼ばれたら霊前に進み、僧侶・ご遺族に一礼、その後でご遺影に向かって一礼する
  • 2.弔辞を広げ、両手で持ったら、故人に語りかけるように、心を込め、静かに読み進める。早口や棒読みにならないように注意。
  • 3.読み終わったら、もとのようにたたみ、表書きをご霊前に向けて壇上に置く。
  • 4.ご遺影に一礼したら、僧侶・ご遺族に一礼して席に戻る

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ