お悔みの言葉のかけ方にも場面に応じた使い分けが必要です。基本をおさえましょう。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法お悔みの言葉のかけ方

葬儀のマナーへ戻る

お悔みの言葉のかけ方

故人の死を悼む気持ちをお伝えするお悔やみの言葉にはマナーがあります。失礼にならぬよう、避けたい言葉など、しっかり覚えておきたいものです。

お悔みの言葉のかけ方

お悔やみの言葉について

愛するご家族の死に際し、ご遺族は深い悲しみを感じていらっしゃいます。
お悔やみは故人の死を悼む気持ちをこめながら、短めに伝えるようにします。
故人と親交が深かった場合は特に想いがあふれ、いろいろ伝えたくなるかもしれませんが、ご遺族の負担を増やさぬよう配慮しましょう。
声のトーンは抑えて小さめの声で挨拶するのが基本です。
死因や故人の年齢によってお悔やみの言葉をかえることもありますが、こちらから死因を尋ねるのは控えましょう。
一般的なお悔やみの言葉として「このたびは誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます」と伝えます。

宗教面におけるポイント

お悔やみの言葉は信仰する宗教によってかわる場合があります。宗教によって死に対する考え方が異なるためです。
たとえばキリスト教では、人の死は「悲しい終わり」ではなく、「神のもとに召される」という意味を持ちます。
このことからキリスト教の葬儀は、神に感謝し、故人を偲ぶ式典になります。お悔やみの言葉としては「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」が一般的です。
このように死に対する考え方は宗教によって違いがあるので、参列する際に配慮しましょう。

お伝えするタイミング

お悔やみの言葉を、いつ、どこで伝えるかによって添える言葉がかわります。
たとえば葬儀の受付では基本的なお悔やみの言葉につづけて「お参りさせていただきます」や仏式なら「ご焼香をさせていただきます」といった言葉を添えます。
通夜で通夜ぶるまいに呼ばれ退席するときは受付で「おもてなしに預かりました。今日はこれで失礼いたします」と伝えます。
葬儀に参列できず後日、喪家を訪ねる場合は、一般的なお悔やみの言葉の後に参列できなかったことを詫びる言葉「あいにく仕事で遠方におり、ご葬儀にうかがえず、失礼をお許しください」を添えます。そのうえで「お参りさせていただきたい」旨を伝えましょう。

その他知っておくべき事柄(注意点など)

お悔やみの言葉として不適切な言葉があります。「重ね重ね」など不幸が重なることを連想させる言葉、「死亡」「急死」など直接的な言葉は使わないように注意しましょう。

不幸が重なることを連想させる言葉(忌み言葉)

「重ね重ね」「たびたび」「ますます」「もう一度」「引き続き」「繰り返し」

直接的な言葉は言い換えをしましょう。

「死亡」「死去」「死ぬ」「亡くなる」⇒「ご逝去」「他界される」
「急死」「事故死」⇒「急なことで」「突然のご不幸」
「生きる」「生存中」⇒「ご生前」「お元気なころ」

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ