家族葬とは?定義や解釈が人それぞれに異なり、一定ではないため注意が必要です。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

家族葬とは?定義や解釈が人それぞれに異なり、一定ではないため注意が必要です。

家族葬とは?

親しい方を中心にお見送りするお葬式の総称です。

親しい方を中心にお見送りするお葬式の総称です

実は、家族葬には明確な定義がありません。

現状では家族や親しい友人を中心とした少人数でのお葬式の総称として用いられることが多いようです。

基本的に必要なことや式の流れは一般的な葬儀とほぼ同じですが、少人数のため、一人ひとりの想いが反映しやすいという特長があります。

家族葬がおすすめな人の特徴

家族葬がおすすめな人の特徴

家族葬で故人を送ることで、ご家族が納得できるお別れのかたちを創り出しやすくなります。
その反面、親族や友人・知人を含め、のこされる方々にとってどのような方法が納得できる家族葬になるのか慎重に考える必要があるとも言えます。

・身内や故人に近しい人だけで見送りたい
・参列者が少ないことが見込まれるため、葬儀の規模を小さくしたい
・小さな葬儀でも心を込めて見送りたい
・故人が生前に希望したかたちで無理なくお別れをしたい

家族葬は、このような考えをお持ちのかたに適しやすい葬儀のかたちです。
時間がない中で熟考することは、心痛のさなかにあるご遺族にとって葛藤があるかもしれません。故人の生前の遺志を尊重しつつ、ご遺族の希望やその後のことを含めて家族葬を選択されるケースも見受けられます。

家族葬の範囲は?

家族葬の範囲は

家族葬だから本当に家族だけで葬儀を行なわなければならないと思っている方も多いかもしれません。しかし、先に述べたように家族葬に明確な定義はなく、参列していただく範囲に決まりはありません。
ご親戚はもちろん、故人と親しかったご友人などご家族以外の方が参列されてももちろんよいのです。どのように大切な方を送りたいか、という事に重きを置いてお声をかける範囲を決めていくとよいでしょう。

家族葬の流れ

家族葬の流れ

家族葬だからといって、一般のご葬儀と基本的な流れは変わりません。
例えば仏式の場合、お通夜を行い、翌日に葬儀・告別式、そして火葬を行う、といった同様の流れになります。

家族葬・一般のご葬儀の流れについてはこちらをご覧ください。
https://www.koekisha.co.jp/service/flow/

家族葬の費用

家族葬の費用

費用に関しても一般の葬儀を行う場合と考え方は同様です。葬儀の費用は、地域、参列者の人数・葬儀の場所・宗教など、お客様ごとのご事情や状況によってそれぞれに異なります。

家族葬だから安い、という事は安易には言えません。
確かに料理の数や返礼品の数が一般の葬儀に比べ減少しますので費用の総額は低くなる傾向があります。しかし、参列者が少ないという事は香典も少なくなり、結局トータルでみると実際の葬儀費用はあまり変わらない、またはかえって負担が増えてしまうという事も多くあります。

また、家族葬一式○○万円と安い料金を提示している広告などにも注意が必要です。
その金額で葬儀を行えると思って、実際に葬儀を依頼すると実は必要な物が含まれておらず追加で費用が発生します。

費用に関しては、事前に葬儀社へ見積もりを取るだけでなく、内訳や条件をよく確認することが大切です。

公益社では、ご希望や想いを込めたい部分に対応しやすい料金体系となっております。必要なものだけをご選択いただきながら、ご一緒に家族葬をつくり上げていき、それぞれの想いをかたちにできるようにお手伝いいたします。

家族葬を行う際の注意点

家族葬を行う際の注意点

家族葬を行う時には注意しておきたいことがあります。

ご家族が把握していない人脈や人徳が故人にあった場合、家族葬を終えたあと、どうしても弔意を表したい、などのように故人を慕う方がご自宅を訪問され、のこされたご家族が対応に困ってしまうという話も聞きます。

また、お知らせする方や参列する方を家族葬だから…と限定してしまったがために「なぜ、葬儀に参列させてくれなかったのか!」「家族葬を行う前に知らせてほしかった…」などと、やり場のない想いをあびせられることもあります。
葬儀後のことも考慮し、慎重にお知らせをする範囲を検討した上で、家族葬を行うことをおすすめします。

家族葬のメリット

家族葬のメリット

家族葬は結果的に少人数になることが多くあります。心痛の中にあるご遺族が参列する方への気遣いや準備などが軽減されることにより、故人とのお別れに向けた心づもりの時間を少しでも長くとることができます。
また、ご遺族や故人と親しい間柄の人を中心としたお見送りができ、思い出話など気兼ねない時間をゆっくりと過ごすことができます。ご遺族は故人と親交があった人に対して、生前のお礼を丁寧に伝えることもできるでしょう。

故人が生前に託した葬儀に対する希望を形にしたり、出棺前の限られた時間を家族だけで過ごしたりというように、ご遺族の希望も取り入れやすくなります。
このように故人やご遺族の思いを葬儀に反映させ、葬儀のかたちにとらわれにくいアットホームなお別れに近づけることができるのもメリットと言えるでしょう。

家族葬のデメリット

家族葬のデメリット

家族葬の場合、遺族が訃報を知らせる人が限られてしまいがちです。そのため、弔問に訪れる人が少なく香典収入が少なくなる傾向にあります。葬儀費用は香典によって賄われる部分も多くあるため、その分葬儀費用の持ち出しの割合が増える場合もあります。

また、葬儀後に訃報を知った人が故人の自宅へ弔問に訪れるケースもあります。予期せぬ訪問にあわただしく部屋の片付けをしたり、香典返しを準備するため、思わぬ手間や出費が発生することも考えられます。

地域性や故人もしくはご遺族の地位や立場によっては、家族葬という葬儀のかたちを会葬者や親族に受け入れてもらえない場合もあります。
「故人が粗末に扱われている」「皆でお別れをしたかった」というように、不義理として伝わってしまうとご遺族に不満を持たれる可能性が生じます。

家族葬の参列マナーはある?

家族葬の参列マナーはある?

訃報を知ったときに「家族葬にて執り行います」といった記述があり、葬儀日程などが一切記載されていない場合があります。葬儀日程を伏せている場合は、親族のみで見送りをすることを察し、弔問は控えるべきでしょう。

家族葬に来てほしいとご遺族に依頼されたとき、友人と弔問に訪れる人も見られます。家族葬の場合、故人と近いごく限られた人たちで見送りを行うことが一般的です。こういった場合には、同伴者を伴って参列してよいかご遺族に確認しておくのが無難でしょう。

弔問の際の服装はブラックフォーマルを着用し、焼香マナーも一般的な葬送と同様の心持ちが基本です。ご遺族や故人の生前の希望により服装を指定されることもありますが、弔意を表せるよう落ち着いた服装をおすすめします。
喪服には「正喪服」「準喪服」「略喪服」があり、一般的な「喪服」とは準喪服を指します。準喪服とは男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルであり、葬儀から3回忌を目安に全員が準喪服以上を着用するのが一般的です。
準喪服より格下の略礼服が「平服」にあたります。「平服でお越しください」などと案内された場合には略礼服を着るようにしましょう。

式場の選び方

式場の選び方

家族葬といっても、ご遺体の安置や納棺など一連の流れは一般のお葬式の場合とかわりません。それと同時に、ご遺族が穏やかな気持ちで故人を見送るための場所や時間も慎重に検討する必要性があります。
セレモニーホールを選ぶ際には、故人を安置できる設備があるか、といった点も重視しましょう。
公益社では安置専用の個室のお部屋をご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください

また、あたたかい家族葬についてのノウハウを持ち、ご遺族に寄り添った葬儀内容の提案やサービスの提供をしてくれる葬儀会社を選ぶことが大切です。
葬儀会社は「みな同じ」ではありません。依頼する葬儀社によって家族葬の内容にも違いが生じてきますので、故人に対するご遺族の想いを葬儀に反映してくれる葬儀会社を選ぶようにしましょう。

家族葬のまとめ

家族葬だからこうしなければならない、などという事にとらわれず、大切な方を心を込めてお送りするという事に重きをおいて考えてみましょう。

ご夫婦やご家族にも歴史があり、それぞれに歩んだ人生がみな違うように、家族葬も十人十色で行われています。

大切な人の人生を振返り、深く深く思い出す・・・
そんな、あたたかい家族葬をご希望の場合は、公益社にご相談ください。
ご要望をお伺いしながら、最適な家族葬をご提案いたします。

家族葬で
後悔しないために…

家族葬という言葉が独り歩きしてその解釈が人それぞれで違うことにより、思わぬトラブルが起きやすくなっています。
少子高齢化などから必然的に葬儀の規模は小型化していますが、本来知らせるべき筋や関係先がある場合には、礼を逸しないように配慮すべきでしょう。

参列に制限を加えたり故人の関係を無碍にした場合、後になって「なぜ連絡をくれなかったのですか?」と、咎められてしまう恐れがあります。やり直しがきかない葬儀において周囲に角を立ててしまうことは、のこされた方々にとってもよい結果とは言えないでしょう。
また、故人の人脈の全てを家族が把握しているケースは少なく、その人たちのおかげで今までの生活があったという場合もありますから、不義理は避けたいものです。

公益社では配慮すべきことについて適切にアドバイスを行いながら、あたたかな家族葬をご提案いたします。

家族葬の注意点・落とし穴を見る

公益社なら安心できる家族葬 3つの理由

  • 安心の理由1

    式場がある

    家族葬向きの式場もある公益社会館では最期の時をゆっくりと過ごすことができ、ご希望の家族葬が行えます。

    葬儀場を見る
  • 安心の理由2

    実績がある

    家族葬には注意すべきポイントや必要な周囲への配慮がありますが、経験豊富な公益社がしっかりとサポートいたします。

    家族葬の事例
  • 安心の理由3

    明朗会計

    ご希望をお伺いしながら、必要なものを確認していき、明確なご説明と見積書を施行前にご提示します。

    総額費用が明瞭

家族葬のスタイル

ご要望に応じて様々な家族葬を
ご提案いたします。

家族葬では気心知れた人達が集い、ゆったりとした時間が流れます。そこに空間の装飾が少し入ることで、人柄を表す品々に触れながら思い出話が進み、悲しみの中にもあたたかさを感じる家族葬になります。

また、集う方それぞれの思いを寄せ書きなどで形にして、故人に想いや感謝の言葉を伝えることなども行われています。公益社では独自の発想と技術で、お客様のご希望・ご予算に応じた装飾を行います。

最期の時に想い残しのないよう、遠慮なくご要望をお伝えください。
まごころ込めてお手伝いいたします。

家族葬の事例を見る

公益社の女性オペレーター

公益社では24時間365日の対応で
いつでも事前のご相談をお受けしております。

0120948341 公益社の女性オペレーター

相談の例

  • 家族葬を行う場所は、どこが便利でしょうか?
  • 訃報のお知らせは、どの範囲まででしょうか?
  • 家族葬の費用は、どのくらい必要でしょうか?
  • 親戚やご近所に、配慮することはありますか?
  • もしもの時、必要なものは何でしょうか?

相談されたお客様のご感想

  • 家族葬の難しい面を理解できてよかった。

    家族葬の難しい面を理解できてよかった。

  • 自分だけでは気付かないことがあったので相談して良かった。

    自分だけでは気付かないことがあったので相談して良かった。

  • 前もって、葬儀費用の心づもりができた。

    前もって、葬儀費用の心づもりができた。

  • もしもの時、どうすればよいのかがわかって安心した。

    もしもの時、どうすればよいのかがわかって安心した。

家族葬に関する不安を解消いたします。
お気軽にご質問・ご相談ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

家族葬の基礎知識

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ