葬儀の会食:通夜・告別式後の食事・お葬式飲食のこと。マナーと場の雰囲気を大切に。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法葬儀の会食

葬儀のマナーへ戻る

葬儀の会食

お通夜や葬儀で参列される際に、お参りの後に行われる通夜ぶるまいや、火葬の後などに行う精進落しといった会食に出席します。ここでは、それぞれどんな意味があり、どう振る舞えばいいかをご紹介いたします。

葬儀の会食

故人と共にする最後の会席

故人と共にする最後の会席

会食の目的

葬儀において、会食は大切な目的が二つあります。一つ目は、遺族や親族、僧侶などが故人と共に最後の会席の場をともにして供養すること。二つ目は弔問に来てくれた人々にお礼をすることです。

通夜ぶるまい

かつて通夜ぶるまいには精進料理を出す習わしがありましたが、最近ではあまりこだわらずに気軽につまめる料理を出すことが多くなりました。さらに地方によっては、お茶だけを出したり、お菓子や軽食を出すなど、その形はさまざまです。また、神式でも、直会(なおらい)と呼ばれる通夜ぶるまいを行います。キリスト教式では、通常行いませんが、牧師・神父や親しい人たちだけで簡単な会食の場を用意することもあります。

精進落とし

次に、火葬が終わった後に行う宴席、精進落としはどうでしょう。地方によっては、精進上げやお斎(おとき)などとも呼ばれる精進落としには、本来、故人の死を悲しみ、肉や魚などを食べずに精進した日々に区切りを付け、日常生活に戻るという意味がありました。そのため、かつては四十九日(七七日)の忌明けに行っていたのです。しかし、現代では、僧侶やお世話になった方々をねぎらう宴席という意味が強まり、これによって葬儀のけじめを付ける、ということになりました。また、精進落としが、初七日の法要後の会食を兼ねることも多くなっています。

出席する際のマナー

会食の目的を理解しつつ、いくつかのポイントを事前に把握しておくことが必要です。

故人とあまり関係のない話題や故人の死に直結する話題は避ける

故人との生前の思い出などを話し、偲ぶ場です。そのため、まったく関係のない話題は避けましょう。また、亡くなられる間際のことや死因など、プライバシーに深く踏み込むなど死に直結する話はNGです。

ご遺族への配慮を忘れない

ご遺族は、ご家族をなくされた悲しい気持ち、さらに葬儀の取り仕切りで心身ともに疲労しています。励ましの言葉をかけたり、話かける際は時間をとらせないなど、思いやりの気持ちをもって接してください。

大声でさわがない

食事の際はお酒がでます。飲んでいるうちについ気が緩みがちになることもありますが、会場の雰囲気を悪くするような振る舞いは避けましょう。

故人を偲んで

弔事の席では、乾杯と言わず、故人に捧げるという意味で献杯(けんぱい)といいます。そのことからもわかるように、通夜ぶるまいも精進落としも、故人への思いを馳せるための席です。ひとりひとりが本来の目的を忘れないように心がけましょう。

準備する喪主側の方々、参列者が安心して食事ができるように入念に場を整える必要性があります。公益社が会席室や料理の内容、配膳サービスに至るまでしっかりとお手伝いいたします。通夜振るまい、精進落としについてはこちらをご覧ください。

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ