合掌の姿勢と弔意の表し方は、意外と人に見られているものです。見直してみましょう。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法合掌の姿勢と弔意の表し方

葬儀のマナーへ戻る

合掌の姿勢と弔意の表し方

合掌にも由来や意味があります。そして、その意味に基づいた正しい姿勢があります。しっかり理解したうえで合掌すると、心のありようまで変化するようで不思議です。

合掌の姿勢と弔意の表し方

合掌について

合掌とは両方の手のひら(たなごころ)を胸の前で合わせること。もともとインドの敬礼作法だったものが仏教に取り入れられ、礼拝の作法として定着し、日本にも伝わったといわれています。
仏教で、右手は仏の世界、左手はすべての生物の世界を示します。この右手と左手を合わせる形になる合掌は、仏とあらゆる命が一体となり、成仏を表しています。
また、合掌することは、左右対になっているものがひとつになること、調和すること、相手を敬い礼を尽くすことも意味します。

姿勢や手の位置などの所作のポイント

合掌の基本は、指と指の間をしっかり閉じた状態で左右の手のひらを胸の前でぴったり合わせます。胸にくっつけるのではなく、胸から少し離しておきます。
肩やひじの力は抜き、合わせた指先を約45度の角度で傾け、固くなりすぎず、自然体を意識しましょう。頭は前方に軽く傾け、目を軽く閉じます。
合掌にはいくつかの姿勢がありますが、これが最も代表的なものです。

その他知っておくべき事柄(注意点など)

僧侶が合掌する姿をよく目にします。合掌することで相手への感謝と敬意を表しています。
食事前に合掌するのも、食材となった生き物の命によって生かされることの尊さや、食事をつくった人に感謝する気持ちなどを表しているのです。
また、手紙の結びの言葉として「九拝」「合掌」を使用するのも仏教の作法です。

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ