弔電の送り方と文章構成にも基本の形式がありますが、気持ちを込めたひと工夫を。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

葬儀の知識

葬儀・お葬式マナー礼儀作法弔電の送り方と文章構成

葬儀のマナーへ戻る

弔電の送り方と文章構成

やむを得ない事情で葬儀に参列できない場合は弔電を送りましょう。文面や故人の呼称など、弔電を送る際の決まりをお伝えするので、参考にしてください。

弔電の送り方と文章構成

弔電を送るケースの紹介

訃報の連絡を受けたけれど葬儀に参列できないというときは弔電を送り、ご遺族に対して弔意を伝えます。
故人を偲び、ご遺族に心からのお悔やみの言葉を送りましょう。「繰り返し」「重ね重ね」など不幸がつづくと連想させる言葉、「死亡」「死ぬ」など直接的な言葉は忌み言葉と呼ばれ、使わないのが弔辞のマナーです。
また、仏事では一般的な「冥福」や「成仏」という言葉は、キリスト教など他の宗教では、ふさわしい表現とはいえません。
適切な文面が浮かばない時はNTTや郵便局など電報サービス業者の用意している文例を使っても構いません。最近は、プリザーブドフラワーやお線香がセットになったものなど、さまざまなタイプが揃っています。また、手書きの文書を送れるもの、インターネットで注文できるものなど、選び分けが可能です。
弔電は喪主宛に送るので、お名前を間違えるなど失礼のないように注意しましょう。

文面を作成する際のポイントと送り方

訃報の連絡を受けたら、葬儀の日時、お葬式が営まれる場所、喪主のお名前、宗教を確認します。
弔電の送り先は、葬儀式場が自宅ならご自宅に、斎場なら斎場名気付にします。斎場宛に送る場合は特に、受取人である喪主のお名前まで忘れずに記しましょう。喪主のお名前は葬儀のお知らせ通知でしっかり確認を。訃報を人づてに聞くなどして喪主の名前がわからない場合は、故人のフルネームを書き、「(故人の名前)様 ご遺族様」としても構いません。
送り主(自分)の名前も忘れずに入れ、葬儀に間に合うよう、前日までに手配しましょう。

その他知っておくべき事柄(注意点など)

弔電の文面では、喪主からみた故人の続柄を敬称で記します。たとえば、故人が喪主の父親なら「ご尊父様」とします。

続柄の敬称一覧

  • 父親=ご尊父様
  • 母親=ご母堂様
  • 夫=ご主人様
  • 妻=ご令室様
  • 息子=ご子息様
  • 娘=ご令嬢様
  • 兄弟=ご令兄様、ご令弟様
  • 姉妹=ご令姉様、ご令妹様

葬儀のマナーをもっと見る

葬儀のことでお困りの時は公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ