供物とは?選び方と送る際のマナーについて|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

供物とは?選び方と送る際のマナーについて|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

お役立ち情報

供物とは?選び方と送る際のマナーについて

供物とは?選び方と送る際のマナーについて

葬儀があった際に、故人への感謝の気持ちやご遺族に追悼の意を込めて贈る供物(くもつ)は、祭壇の脇に供えられます。親しい方や身近な方のご家族などが亡くなった時に準備することが多い供物ですが、贈って良いもの悪いもの、宗教や宗派による違いがあります。また、供物を頂いたら、お返しなどの準備も必要です。
相手に失礼にならないために把握しておきたい供物に関するマナーや注意点などをご紹介します。

目次
■供物とは
■供物として贈って良いもの悪いもの
■供物の相場や手配方法は?
■供物を贈る際の注意点
■供物をいただいた際の御礼

供物とは

供物は「くもつ」 と読み、葬儀の際に故人への気持ちや遺族への弔意を表すために贈るお供えの品です。葬儀では祭壇に飾られます。また、葬儀だけでなく法要の際にも贈られる品や、仏様や神様に捧げるものも供物と呼びます。喪主やご遺族が用意するケースもあります。

供物の基本となっているのが、仏教の五供(ごくう)と呼ばれる考え方です。「香」「花」「灯明」「水」「飲食」の5つが基本のお供え物とされています。
「香」は、お線香や抹香を指し、心身を清めるという意味を含んでいます。
「花」は、供花を指し、花のように清らかな心で仏様と向き合うという意味を持ちます。
「灯明」は、ろうそくの灯りを指し、心に安らぎを与えてくれるという意味があります。
「水」は、きれいな水を指し、心が洗われるという意味を持ちます。
「飲食」は、普段私たちが食べているものと同じものをお供えすることでご先祖様とのつながりを持つということを意味します。一般的には炊きたてのごはんをお供えすることが多いです。

葬儀の供物は宗教によって異なりますが、仏教の場合であれば果物やラクガン、お菓子の詰め合わせ、缶詰の詰め合わせ、線香、ろうそくなどが一般的です。

供物として贈って良いもの悪いもの

供物はご自身が贈りたいものを贈って良いというわけではありません。宗教やご遺族の事情に合わせて贈る配慮が必要です。また、喪家の方は葬儀のご準備で慌ただしいため、供物のことでいろいろ聞くのも負担になります。地域性などもありますので、供物を贈りたい場合は担当の葬儀社に相談することをおすすめします。

宗教による供物の違い


供物は、宗教によって贈って良いものが異なるので注意が必要です。また地域によっても差があります。
仏式の場合は、肉類や海産物などを贈るのはタブーとされています。これらは「四つ足生臭もの」と呼ばれ、足がある動物、生臭い魚などを指します。殺生をイメージするため四つ足生臭ものは供物には厳禁とされています。
日本酒は慶事(おめでたい行事)を連想させ、葬儀の供物として向かないという考え方もありますので贈る際には注意が必要です。

神式の場合は、線香やろうそくは相応しくありませんが、食べ物は問題ありません。仏教でタブーとされている海産物は、神の恵みと考えられているため、贈っても問題ありません。また、お酒も神様とつながりの深いものであるため、贈ってもよいとされています。

キリスト式の場合は、祭壇に供物を飾る習慣がありません。仏教のように供養をするという考え方がないため、お供え物をする必要がないのです。キリスト教の場合は生花と御花料(献花料)と呼ばれる金銭を包むか、生花を贈ることが一般的です。

他にもある!供物に不向きなもの


宗教上は問題がなくとも、供物として飾るのに不向きなものがあります。例えば、ニンニクやネギなどのにおいがきついものは避けたほうが良いでしょう。また、生ものですぐに傷んでしまうものも同様です。
また、鉢植えの花などは「不幸が根付く」とされ、葬儀の贈り物として向きません。また大きすぎる供物は、葬儀会場の広さの関係で飾ることができない可能性があることや、自宅へ持ち帰る際にご遺族の負担となる可能性があるため注意が必要です。

供物の相場や手配方法は?

葬儀に欠かせない供物ですが、供物を贈る機会はそう多くはありません。どのくらいの値段のものを、どのようなタイミングでどのように贈ればよいのかご紹介します。

供物の相場


葬儀で祭壇に飾られる供物は、ろうそくやお線香、フルーツなどの果物が盛り付けられた籠に造花で飾りつけされた「盛篭」が一般的です。盛篭の相場は一基15,000円から20,000円ほどですが、5,000円や10,000円など比較的小ぶりなものも用意することができます。
盛篭には、線香やろうそく、果物の他に、乾物やビール、米、コーヒー、ケチャップやマヨネーズの調味料など日常で使用する身近なもので作られています。

供物の手配方法


葬儀に供物を贈る際は、前もって遺族の意向を確かめる必要があります。飾る場所がない、処分に困るなどの理由で供物を辞退するケースもあります。また、供花と同様に、故人と送り主の関係性によって、供物を飾る順番が変わってきます。これらの意向を確認するために、まずは葬儀を担当する葬儀社に相談します。

供物を手配する方法は担当の葬儀社に頼む方法の他に、供物を取り扱うお店に注文する方法があります。

●担当の葬儀社に供物を注文する際の流れ
1.葬儀を依頼している葬儀社、斎場、日時に関する情報を確認する
2.葬儀社に連絡し、供物を贈りたい旨を伝える
3.予算に合わせて供物の値段や内容を決定する
4.贈り主の名前や故人との関係性を伝える
5.当日または後日支払いをする

葬儀社によってはFAXやインターネットで注文を受け付けているところもありますので確認しましょう。急ぎの場合は電話で連絡をしましょう。

●自分で供物を手配する際の流れ
1.葬儀を依頼している葬儀社に連絡し、供物を贈ってよいか喪家の意向を確認する
2.予算に合わせて供物の値段や内容を決定する
3.贈り主の名前や故人との関係性など熨斗に必要な情報を伝える
4.葬儀社にいつ頃、何を送るかを伝えておく

供物は葬儀会場に飾られます。通夜~告別式を通して飾られるため、開始時間に間に合うように贈りましょう。関係性によって飾る順番がありますので、準備時間に配慮して、通夜当日の午前中には届くように手配しておくとよいでしょう。

供物には「御供」ののしを
葬儀の供物に使用する熨斗紙や水引は弔事用となります。黒白、または黄白結びきりの水引が印刷されたかけ紙を使います。
仏式の場合、表書きは「御供」「御供物」になります。
神式の場合、表書きは「御供」「奉献(ほうけん)」とします。

御供物料とは?


法事や法要の際には、お供え物の代わりにお金を包んで「御供物料」としてお渡しします。線香やろうそく、お菓子、果物、花などを持参する代わりに御供物料を用意します。
通夜や葬儀で渡すものを香典、法要で渡すものを御供物料といいます。
供物料の相場は関係性によっても異なりますが知人・友人、会社の同僚などであれば5,000円~10,000円程度です。親子、兄弟など関係性が近い場合は2万~3万円程度です。

供物を贈る際の注意点

葬儀に供物を贈る際に気を付けておきたい注意点をご紹介します。

供物を送る際、香典は必要?


「香典」は故人にお供えする香に代えてお金を包んだものです。供物や供花と同じ意味を持つため、香典をお渡しする場合は、基本的に供物を用意する必要はありません。
香典に加えて供物を贈るケースとしては、故人と特に親しい関係性である場合や、「会社一同」など供物を連名で贈る場合です。

ご遺族がご厚志を辞退される場合


葬儀の案内に「ご厚志を辞退申し上げます」とあるときは、香典はもちろん、供花や供物の一切を受け取らないという意思表示です。葬儀には、香典や供花・供物など一切贈らず、参列のみ行います。
また、「御供花、御供物の儀はご辞退申し上げます」との案内を受けた場合は供花や供物を贈ることを控え香典をお渡しします。
近年、家族や近親者のみで行う「家族葬」が増えたことや、会場の広さ、処分に困るなどの理由から、香典や供物・供花を辞退するケースも見られます。葬儀の案内を受けた際に、供物を辞退されている場合には、喪家や故人のご意思を尊重して供物・供花は控えましょう。

注意したいのは、一般の参列者に対しては供花や供物、香典などのご厚志を辞退する意思表示をされていても、親族間では例外というケースもあります。わからない場合は担当する葬儀社に尋ねることをお勧めします。

供物を直接持参する場合


供物をご自身で手配し持参する際には、葬儀会場に飾る必要があるため供物を届ける時間についても確認しておきましょう。また、線香や抹香、ろうそくなどの小さなものであればご自身で持参することができます。金額的にも負担が少ないため、喪家の方に気を遣わせることなく贈ることができます。

供物を直接持参する際は、紙袋などに入れて持っていくのはマナー違反です。供物は落ち着いた色のふろしきや、ふくさに包んで持参しましょう。受付やご遺族の前で、包みから取り出して、お渡しします。その際に、「どうぞ御霊前にお供えください」と伝えます。

供物の御裾分けをいただいたら


葬儀の後、供物は喪家が引き取りますが、ご遺族から御裾分けをいただくことがあります。その際はなるべくお断りせず、ご遺族の気持ちを汲んで受け取りましょう。

供物は奇数個にする


供物の定番としてフルーツやお菓子があります。フルーツはご縁を連想させる丸いものが良いとされています。日持ちの良い香りのきつくないものを選びましょう。また、フルーツの盛り合わせを用意する際には、供物である旨を伝え、奇数個にしてもらいます。偶数は割り切れることから、故人との「ご縁を切ることができる」と解釈します。結婚式のご祝儀で奇数万円を包むのも「ご縁を切らない」ためのものです。

供物をいただいた際の御礼

供物をいただいた場合、香典や供花と同様に御礼状と合わせて御礼の品を用意するのがよいでしょう。お返しの目安としては、いただいたお品の3分の1です。供物と一緒に香典をいただい場合は、忌明けである四十九日を過ぎてから、香典の返礼品と合わせて供物のお返し、御礼状を贈ります。供物をいただいた御礼状のみを贈る場合は四十九日より前でも問題ありません。

供物のお返しの品は、お茶や海苔などの食品、タオル、石鹸、洗剤などの消えものを選ぶとよいでしょう。返礼品に着けるのし紙は弔事用の結び切りの水引がついたものを使用します。表書きには「志」と記すのが一般的ですが、「粗供養」と書く地域もあります。

<供花の御礼状文例>
ご供物を賜り誠にありがとうございました
この度の亡〇〇 〇〇の葬儀に際しましては
立派なお供え物を賜り誠謹んで お受けし霊前に飾らせていただきました
お蔭をもちまして葬儀を滞りなく相済ませることができましたことを
心から厚く御礼申し上げます
早速拝眉の上御礼申し上げるべきでございますが
略儀ながら書中をもちまして御挨拶申し上げます


葬儀や仏事にはさまざまなルールがあります。葬儀への参列や喪主として葬儀を取り仕切ることは、人生においてそう何度もあることでありません。供物のマナーを理解して、万が一の際には適切なお供えを贈れる様にしましょう。

供物についてはこちらもご覧ください

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ