「エンディングノート」と「遺言書」の違いについて|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

「エンディングノート」と「遺言書」の違いについて|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

お役立ち情報

知識

「エンディングノート」と「遺言書」の違いについて

「エンディングノート」と「遺言書」の違いについて

近年、最期の時に備えてさまざまな準備をする「終活」が注目を集めています。その中でも、自分の意思を伝えることができるエンディングノートや遺言書を作成しようと考えている方も多いでしょう。今回は、エンディングノートと遺言書の違いと、それぞれの目的についてご紹介します。

エンディングノートと遺言書、法的効力について

エンディングノートと遺言書の一番大きな違いは、法的効力があるかないかです。エンディングノートの場合、形式や書く内容は自由で、開封のタイミングも特に決まりはありません。家族への感謝の気持ちや介護についての希望など、自分の気持ちを記すのに最適です。しかし、法的効力がないためいくら遺産相続に関することを書いたとしても、それを遺族が実行する義務はありません。一方で遺言書には、法的効力があります。所定の形式で相続財産について書かれていなければ遺言書として認められません。また、開封にも手順があり、まず家庭裁判所の検認を受け、開封時に相続人全員がそろっていることが必要です。

エンディングノートと遺言書、作成費用の違い

エンディングノートは、法的な手続きがないため、基本的にノートの費用だけです。日常的に使用している大学ノートなどを使えば数百円、エンディングノート専用の物を購入しても数千円で作成できます。一方、遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があり、数百円から数万円まで費用に幅があります。「自筆証書遺言」は、自分で所定の形式にそって書くだけなので費用はあまりかかりません。一方「公正証書遺言」の場合、公証役場で公証人(契約等を証明してくれる立場にある公務を行う専門家)が作成するため数万円かかります。

エンディングノートと遺言書の使い分け

エンディングノートと遺言書の使い分け エンディングノートと遺言書には、さまざまな違いがありますが、どちらを書くのかは目的によって変わってきます。エンディングノートは、自分の意思を伝えることが主な目的です。将来意思を伝えることができなくなった場合に備えて、延命治療や介護などについて自分の希望を書いておくと安心です。相続に関しては、法的効力のある遺言書に記載しましょう。所定の形式に沿って書くのが難しいようであれば、「公正証書遺言」をおすすめします。公証役場で作成するため、信用性が高くなります。

エンディングノートは、遺言書と違い法的効力がありません。家族への感謝の気持ちや自分の希望などはエンディングノートに、遺産相続に関することは遺言書に書くなど両方を作成するのもおすすめです。いつ最期を迎えるか分からないからこそ、家族が困らないように自分の意思を書き残しておきましょう。

エンディングノートの書き方についてはこちらもご覧ください。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ