宗教にとらわれない自由な葬儀!無宗教葬儀の特徴&注意点|葬儀・お葬式なら【公益…

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

宗教にとらわれない自由な葬儀!無宗教葬儀の特徴&注意点|葬儀・お葬式なら【公益…

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀

知識

宗教にとらわれない自由な葬儀!無宗教葬儀の特徴&注意点

宗教にとらわれない自由な葬儀!無宗教葬儀の特徴&注意点

日本人は特定宗教を信仰していない人が多いと言われています。葬儀を選ぶ際は、「信仰しているわけではないけれど、代々お世話になっているお寺の宗派でやろう」というケースも多いのではないでしょうか。

最近は、代々お世話になっているお寺(菩提寺)がない方で特定の宗教色を入れずに葬儀を行う「無宗教葬儀」を選ぶ人も出てきています。どういった葬儀なのか、内容や費用を確認していきましょう。

無宗教葬儀は自由葬、いろいろなスタイルがある

無宗教葬儀とは、その名の通り「特定宗教の儀式に則らない葬儀」のこと。葬儀会社によっては「自由葬」という名前を使用しているところもあります。

日本人は、葬儀を行う際に儀式に則った式次第のある仏教式の葬儀を選ぶことが多いです。仏式では、通夜・葬儀告別式にまつわる以下のものが宗教儀式になります。

・読経
・焼香
・法話

無宗教葬儀ではこうした宗教儀式がほとんど入りません。故人の趣味に応じた内容の葬儀など、幅広く自由な演出や葬儀の内容を組み立てることができます。

・故人の好きだった音楽を流す
・思い出のムービーやスライドを流す
・式の時間割を自由に組める
などという事も葬儀の中に組み込みやすくなります。

葬儀後の埋葬も、墓地ではなく、樹木葬や海洋葬といった自然散骨を選ぶという人もいます。

無宗教葬儀の注意点

無宗教葬儀を行う前には、以下のことに注意が必要です。

・家族や親族の理解を得る必要がある
・菩提寺がある場合はお墓に入れてもらえなくなるケースがある
・特定宗旨の戒名や位牌、仏壇がない

宗教を信仰しているわけではないといっても、年配の方を中心に、やはり葬儀の場では僧侶に読経をしてもらい、戒名をいただくことで成仏できるという意識が根強いものです。

儀式色がない分、「お別れの会」という側面が強くなるため、抵抗感がある人も。親族へは丁寧に無宗教葬を選ぶ理由を伝え、話し合いをして了承を得ておくことが大切です。

また、すでに菩提寺にお墓がある場合は、そのお墓に入れなくなることがあるため、こちらも菩提寺に承諾を得ておくことが必要です。葬儀が終わった後でトラブルになることもあるので注意しておきましょう。

無宗教葬儀の流れ

無宗教葬儀といえども、特定宗旨の儀式がないだけであって、大きな流れは変わりはありません。以下は一例です。

開式の言葉

黙とう:読経の代わりに参列者皆で行います

献奏:生演奏や、故人の好きだった曲を流すなど

故人の経歴の紹介

スライドやムービーの上映

別れの言葉

献花:焼香の代わりに行います

閉式の言葉

出棺

火葬

先にも説明した通り、無宗教葬儀では位牌もなく、仏教式で行われる「四十九日」や「初盆」、「〇周忌」といった供養の機会が定められていません。

また、お墓選びにも注意が必要です。寺院が管理するお墓など、宗教が関係するところには納骨できないことがあるため、無宗教でも入れるお墓や自然散骨を検討してみましょう。
「宗旨宗派問わず」といった霊園などでも入るときのことを指している場合があり、納骨後には特定の宗旨に属することを義務付けているところがありますので注意しましょう。

〈無宗教葬儀後の葬送〉
① 永代供養
寺院や自治体が管理している永代供養墓に埋葬する方法です。寺院管理のお墓の場合、無宗教葬儀の人の納骨は受け入れていないこともあるため、事前に確認が必要です。

② 海洋散骨
近年、注目を浴びている自然散骨のひとつ。海上に遺骨をまく方法です。許可を得た散骨会社のプランのもとで行われています。公益社では信頼できる散骨会社と提携しておりますので散骨をご希望の場合には、まずは公益社にご相談ください。

無宗教葬儀の費用

一般的な葬儀の平均金額は195.7万円。(2017年日本消費者協会『「葬儀についてのアンケート調査」報告書』)

宗教的な葬儀の費用は、「葬儀そのものにかかる費用」「飲食接待費用」「お布施など宗教者に支払う費用」の大きく3つの内訳から成っています。無宗教葬儀では、このうち「宗教者に支払う費用」がありません。

その分、演出や埋葬方法にいくらでもこだわれるところが無宗教葬儀のメリットになります。

ケースによっては一般葬と費用があまり変わらないことも。自由な分、相場もはっきりしていないというのが無宗教葬儀の費用の特徴です。

無宗教葬儀にかかる費用の内訳の例は以下の通りです。

〈無宗教葬儀の費用としてかかる項目〉
1) ご遺体の搬送や葬儀・火葬に必要な物品や経費
宗教などにかかわらず必要となる諸費用です。その他、焼香の代わりに献花を行う場合にはお花を用意したり、樹木葬や海洋葬といった自然散骨を行ったりする場合には、別途に費用が必要になります。

2)会葬者の飲食接待費用
宗教儀式のある葬儀と同様、会葬者のための故人を偲ぶ会食の場での飲食接待費用は無宗教葬儀であっても相応に必要でしょう。

家族など少人数で行うのか、会葬者を受付ける一般葬スタイルで行うのかによっても、必要な金額は変動します。

まとめ|無宗教葬儀ならまずは安心の公益社にご相談を

無宗教葬儀は、プランの提案や親族などへの説明方法など、一般的な仏式葬儀と異なる注意点が数多くあります。そのため、葬儀社を選ぶ際には経験や知識が豊富な信頼ある会社を選びましょう。実績や経験が浅い会社を選んでしまうと、無宗教葬儀でありがちな菩提寺とのトラブルを始め、日程調整や予算オーバーなど、思わぬトラブルに遭ってしまうこともあります。

無宗教葬儀は、行う内容によって予算が変動するため、葬儀社によってはあえて格安プランを提示しているところもあります。しかし、決まりがないということは、その分サービスの良し悪しの判別が難しいということ。蓋を開けてみれば追加オプションが必要になり、結果的に高額な費用になってしまうという事例もあります。親身になって相談に乗ってくれ、内容を丁寧に説明してくれるところを選びたいものです。

公益社では、無料で24時間365日相談を受付けております。葬儀の準備から当日はもちろんの事、葬儀後の様々なサポートメニューも充実しておりますので、無宗教葬儀を検討したい方は、ぜひ一度お問合せください。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ