密葬と家族葬どちらを選ぶ?葬儀の開催で知っておきたい両者の違い|葬儀・お葬式な…

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

密葬と家族葬どちらを選ぶ?葬儀の開催で知っておきたい両者の違い|葬儀・お葬式な…

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀

知識

密葬と家族葬どちらを選ぶ?葬儀の開催で知っておきたい両者の違い

密葬と家族葬どちらを選ぶ?葬儀の開催で知っておきたい両者の違い

家族の誰かが亡くなったときにすぐに対応しなければならない緊急の課題として、葬儀をどのように開催するかということがあげられます。葬儀にもさまざまな種類があり迷いどころですが、最近では密葬や家族葬を選ぶケースが多いといわれています。

そこで、密葬と家族葬の違いや葬儀にかかる費用、葬儀社をどのように選ぶかなどについて解説します。

密葬と家族葬の違い

ここでは、密葬と家族葬はそれぞれどのような葬儀で、両者にはどのような違いがあるかなどについて説明します。

密葬の本来の意味
密葬とは、何らかの事情によって早期に手早く葬儀を終えてしまう必要がある場合に、参列者を家族や親族など近親者に限定して本葬に先立って行われる葬儀のことです。

密葬が選択されることが多いのは企業の社長など著名人が亡くなった場合などです。著名人の場合、生前の付き合いの広さから葬儀には多数の参列者が予想されます。葬儀の当日は家族や親族が故人との別れを落ち着いてできなくなる恐れがあるのです。葬儀の規模が大きくなると準備にかなりの時間を要してしまうケースも出てきます。

密葬の場合、故人の死は周囲に通知せず近親者だけで通夜、告別式が行われ、ご遺体は火葬されます。その後、故人の死を周囲に通知し、日にちを置いて本葬や故人を偲ぶお別れの会が催されるのが通例です。本葬では、一般的に通夜は行わず葬儀だけが行われ、このときにご遺骨が安置されます。

家族葬ってどういう葬儀?
家族葬とは、家族や親族を中心とした参列者による小規模な葬儀の形態をいいます。通夜や告別式など、葬儀として基本的に行われる内容は一般的な葬儀と違いはなく、規模が小さいのが特徴です。

通常の葬儀では、参列者からのお香典によって葬儀費用が賄える相互扶助的な要素があります。しかし参列者の人数が少ない家族葬の場合、飲食接待費が少なくて済む反面、発生した費用はすべて親族で賄う必要があり、費用負担という面では大きくなりがちです。

密葬と家族葬は何が違うの?
密葬と家族葬の違いは「本葬があるかどうか」という一点です。両者とも同じように人数を絞った形で行う葬儀ですが、密葬の場合にはある程度の規模になることがあり、家族葬の場合にはそれほど大人数になることはありません。

密葬の場合、故人が亡くなった直後にはその死の事実を公にしません。近親者など身内や必要な方のみに通知して通夜、告別式、火葬を行います。近親者のみで故人を静かに落ち着いて偲びたかったり、葬儀を通例に則って行うと規模が大きくなり過ぎて短期間で準備するのが難しかったりといった、特殊な事情があるためです。

一方、家族葬の場合、密葬のような事情はあまり関係ありません。葬儀をおおげさにやりたくないという故人や喪主の意向があったときなどに、近親者や故人の親しい友人によるごく少人数での葬儀という形態を取るものです。ただ規模が小さくなるだけで、葬儀の流れや最低限必要な中身自体は、一般のお葬式と大きな違いはありません。

密葬の場合、一般的には、後日、故人の死を公にして大々的に参列者を受け入れた本葬を実施し、場合によっては社葬やお別れの会などを催すことになります。

ただ、密葬とされてもその後の本葬やお別れの会を実施しないケースもあるので、形の上では密葬も家族葬も同じであり、両者の意味の違いはあいまいになっているのが実情のようです。

最初から本葬もお別れの会も実施するつもりはないということであれば、家族葬という葬儀の形態を選択しても何ら問題はありません。

密葬や家族葬の費用

次に、密葬や家族葬にかかる費用について説明します。

密葬と家族葬の費用はほとんど同じ
密葬の費用は、故人の死後にすぐ実施される葬儀の費用になります。本葬の費用は、社葬やお別れの会の規模によって変わってくるため、すぐに具体的な金額を見積もることは難しいというのが実情です。

本葬を行う予定がなければ家族葬として葬儀をとり行うことをおすすめします。密葬として本葬やお別れの会を実施しないのは、混乱をきたしますので避けましょう。

密葬、家族葬の費用の相場
密葬・家族葬の費用の相場は、参列者の人数を5名から15名程度だと想定した場合、地域差や会場にもよりますが、概ね50万円~100万円になります(火葬のみの形の場合には20~40万円)。

まとめ|密葬や家族葬におすすめの葬儀社

密葬や家族葬を行うときには、葬儀費用の内訳についての丁寧で細かい説明があり、予想外の費用が発生しそうな時も、事前に適切なアドバイスをしてくれる葬儀社を選びましょう。

公益社では「24時間365日体制での対応」「葬儀の経験が豊富」「年間実績1万件以上」「良質のサービス」「葬儀の後のこと」などサポート体制を充実させております。

葬儀について何かお困りのことがありましたら、遠慮なくご相談下さい。ご連絡をお待ちしております。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ