葬儀が終わった後の「遺影」はいつまで、どこに飾る?|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

葬儀が終わった後の「遺影」はいつまで、どこに飾る?|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀

知識

葬儀が終わった後の「遺影」はいつまで、どこに飾る?

葬儀が終わった後の「遺影」はいつまで、どこに飾る?

葬儀が終わった後の「遺影」はいつまで、どこに飾る?

遺影とは、故人を描いた肖像画や写真のことです。故人を偲ぶため、通夜や葬儀の場に飾られます。

しかし、葬儀が終わった後、遺影をどのように扱うべきかわからないという人も多いようです。
葬儀の後、遺影をいつまで、どこに飾るのが良いかについて説明したいと思います。

ご遺骨安置檀は四十九日まで飾るのが一般的

まず、遺影を飾るご遺骨安置檀は、四十九日まで飾ることが一般的とされています。
四十九日の法要が終わるまでの間、故人の魂がこの世で過ごすとされる宗教もあり、納骨が終わった後、後飾りの棚は基本的に不要となります。
そのため、お盆や法事で使わない場合には、処分してしまっても問題はありません。

お盆や法事で使う場合は保管

安置檀を初盆の法事などで使用する場合は、大切に保管しておくのが良いでしょう。

ただし、初盆や法事については、地域や習慣、宗派などによっても異なりますので、行い方についてあらかじめ確認しておく必要があります。
遺影は故人の面影をのこす写真ということで、半永久的に飾るという一面があります。
特に宗教的な意味はないため、取り扱いに関してあまり神経質に考えなくてもよいでしょう。

遺影を飾る場所

前述したように四十九日までは仏壇の近くに後飾りの棚を設置して、その上に遺影を飾ります。四十九日の後は、仏間や床の間などに遺影を飾ることが一般的とされていますが、
葬儀に使われる遺影はサイズが大きめのものが多く、飾る場所を決めるのが困難なケースもあります。

そのため、最近では写真のサイズを小さくして飾ることがあわせて行われつつあります。L版や2L版などのサイズに焼き直して、フォトフレームとして仏壇の近くに飾る人が多いようです。
近年の都会の住宅事情から、仏間がない家庭や、大きな写真を飾るスペースがないことも多いため、自然な流れともいえるでしょう。
人によっては、遺影をデータ化して、パソコンなどに保存されるという方もいらっしゃるようです。
大切なのは、故人を慈しむ気持ちですので、それぞれの事情に合わせた方法を選択するのがよいかと思います。

処分の方法

処分の方法 前述した通り、遺影には宗教的な意味はないため、普通に処分してしまっても問題はありません。

しかし、故人への想いから、ゴミ箱などに捨てるのは抵抗があるという人も多いかと思います。
そのような場合は、近くのお寺や神社などに遺影の供養をお願いするというのも一つの方法です。
また、ご自分でお祈りしながら、焼却するという人もいらっしゃいます。
大切なのは、故人に対する気持ちなので、ご自分の納得できる方法で処理されるのが良いでしょう。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ