家族葬を成功させるための秘訣の一つは開催場所にあり!|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

家族葬を成功させるための秘訣の一つは開催場所にあり!|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

お役立ち情報

知識

家族葬を成功させるための秘訣の一つは開催場所にあり!

家族葬を成功させるための秘訣の一つは開催場所にあり!

家族葬のメリットを活かすためには、どのような場所で葬儀を行うかという点が重要になってきます。そして、葬儀社の選択においてもその視点をいつも念頭に置くことが大切です。ここでは、家族葬の場所(斎場・自宅・セレモニーホールなど)の決め方や葬儀を行う場所の特長などについて説明します。

そもそも家族葬とは?

家族葬とは、遺族や親族など故人と関係の深い身内を中心に行う葬儀を指します。通夜から始まって、葬儀、告別式、火葬という葬儀の流れは一般葬と同じで、参列者の数が少ない小規模な葬儀ということになります。

葬儀は、香典で費用を賄う相互扶助的なところがあります。しかし、家族葬の場合は小規模な葬儀であるため参列者が少なく、通夜振る舞いなどの飲食接待費が少なく済む一方で、集まる香典の総額も少なくなります。そのため、葬儀で発生した費用が香典の総額を超え、ご遺族の費用負担は一昔前よりも大きくなっていると言えます。

反面、家族葬には、参列者が少ないため故人との最期の別れをゆっくりと落ち着いてできるというメリットがあります。

家族葬の場所の決め方

家族葬では、どこで葬儀を行うかを決めることが重要な要素の一つです。以下に、葬儀場を決めるうえで考慮すべきポイントをいくつか紹介します。

生前、故人が希望した場所を優先する
葬儀の場所選びで優先すべきことの一つは、生前、故人がどのような場所で葬儀を行ってほしいと思っていたかという希望、意思です。故人が特定の宗教を信仰していたのであれば、その宗派に則った形で葬儀が行える場所を選びましょう。

親族の意向を考慮する
葬儀に関して故人がとくに意思を示していなかったのであれば、親族の意向を考慮します。故人が生前に親族と疎遠だったとしても、先方は葬儀に出席したいという希望を持っている場合もあります。そのため筋を通して一応連絡を取り親族の意向を確認することが大切です。その結果、親族の参列者が多い場合には、葬儀の形式を家族葬から一般葬に近い形へと変更せざるを得ない場合も出てくるかもしれませんが、先々の事を考えて角の立たない選択をするようにしましょう。

交通アクセスのよい場所を選ぶ
葬儀場が、家族の家から遠く交通のアクセスの悪い場所やわかりにくい場所だと参列者への案内が難しい場合が出てくるかもしれません。そのため葬儀場は、家から近くわかりやすい場所にあることが望ましいでしょう。ただし、ご近所に知られたくないなどの理由からあえて少し離れた場所を選ぶ場合もあります。様々な視点から検討するとよいでしょう。

葬儀費用が予算内でまかなえるところを選ぶ
まず葬儀社へ葬儀全体の予算を伝えておけば、葬儀社が予算に合わせてプランを組んでくれます。いくつか候補が出てくると思いますのでそのうえで葬儀を行う場所の選択をします。

家族葬を行う場所とそれぞれの特徴

葬儀場は、ご遺族の事情を考慮して最善と思える場所を選ぶことになります。葬儀式場は、大小さまざまでいろいろなバリエーションの形式が想定できますが、以下にいくつかの事例について特長と合わせてそれぞれ説明します。

斎場や葬祭会館(葬儀セレモニーを専門に行う式場)
葬儀を専門に行う式場(セレモニーホール)なので、施設の設備は機能的に充実しており、葬儀場としてはもっとも適している式場の一つといえます。葬儀や告別式を行う場所として適しているばかりか、親族・会葬者・僧侶の休憩室や会食する場所も用意されており、まさに葬儀のためにある便利な式場といえるでしょう。

ただ、特定の葬儀社に葬儀を委託することが式場を利用する条件になっている場合が多いので、使用する前には下調べをしっかりと行うことが大切です。

寺院や神社、教会などの宗教施設
菩提寺がある場合は寺院での葬儀も検討できます。境内地の中に式場スペースを持ち、貸し出しているところもあります。境内地にある式場で行う場合には、ほかの宗派の人にも貸し出していることもあるので調べてみるとよいでしょう。

自宅で葬儀を行う場合
1990年代後半までは、葬儀は自宅で行うというのが主流でした。ですが、近年では、核家族化が進み、マンションやアパートなどの集合住宅に住む世帯が増加。近隣同士の付き合いも少ないなど、生活スタイルが変化し、自宅での葬儀は激減しました。
ただ、地域によっては自宅から故人を送り出すところもまだまだあります。そして最近では、金銭的な面や故人の意向への配慮から、自宅での葬儀ニーズも見直されています。

公共団体や自治体が運営する施設を利用する
町内のコミュニティーセンターや公民館、マンションの集会場など、公共団体の施設を利用する場合、安価に使える事が多いので利便性よりも金額を抑えたい方は考えてみてもよいかもしれません。また、市区町村が所有している集会施設を葬祭場として利用できる場合もありますので、葬儀社に相談してみると良いでしょう。

まとめ

家族葬は、身内だけの少人数で行う小規模な葬儀です。故人への最期のお別れもゆっくりでき、社会情勢もあいまって最近は必然的にこの形式になることが多くなっています。ただ、葬儀を行う場所選びが重要で、ポイントを押さえて慎重に選択する必要性があります。

このように、家族葬だからこそ注意すべきポイントがあるため、葬儀のことについて迷っていることがあれば、事前に葬儀社に相談することをおすすめします。公益社では24時間365日、電話でも対面でもご相談を受付けております。いつでもご相談ください。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ