家族葬を行ううえで知っておきたいメリットやデメリット、注意点など|葬儀・お葬式…

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

家族葬を行ううえで知っておきたいメリットやデメリット、注意点など|葬儀・お葬式…

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

お役立ち情報

知識

家族葬を行ううえで知っておきたいメリットやデメリット、注意点など

家族葬を行ううえで知っておきたいメリットやデメリット、注意点など

昨今「家族葬」という言葉が定着し、葬儀は家族葬で行おうと決めている方も多くいます。ただ、家族葬が実際にはどのような葬儀形式であるかを誤認している人が多く、それぞれに異なる解釈がなされているため安易に行おうとするのではないでしょうか。そこで、葬儀を家族葬で行うメリットやデメリット、家族葬を行う際の注意点などについて解説します。

家族葬のメリット

家族葬では、以下のようなメリットが考えられます。

1)葬儀の自由度が高く落ち着いて故人との最期のお別れができる
葬儀の参列者が多いと、多くの会葬者への対応に追われ、あわただしくて故人との最期のお別れをゆっくりできない場合があるとされますが腕の良い葬儀社ならば参列者が多くてもきちんと心の整理がつくように段取りをしてくれます。家族葬では参列者が少ないため、会葬者への対応の負担も少ない分だけ家族や親族を中心に心ゆくまで落ち着いて故人を偲ぶ時間を持つことができます。

2)葬儀の手間が減る
家族葬では葬儀の規模は小さく、人数が数十人と少ないことが多いため準備にも大きな手間はかかりません。近親者だけによる葬儀なので気兼ねがなく、葬儀全体の手間が軽減される傾向にあります。

3)形式にとらわれにくい
家族や親しい身内を中心に行うので、気心の知れた間柄での進行となり、出棺の前にゆっくり時間を取りたいなどの時間調整がしやすいなど、希望の葬儀が行いやすくなります。

家族葬のデメリット

家族葬には以下のようなデメリットがあると考えられます。

1)香典収入だけでは葬儀費用がまかなえない
弔問客や会葬客が少なくて参列者の総数が少ないために、香典収入が少ないケースも出てきます。その結果、葬儀費用を香典収入だけではまかなえなくなり、持ち出し分が多くなってしまうこともあり得ます。

2)葬儀の後の弔問客への対応に困る
葬儀に呼ばなかった故人の関係者が、葬儀の後、自宅に弔問に訪れるケースが考えられます。想定外の状況なので、香典の返礼品を急きょ手配するなど、その弔問客への対応に追われ、葬儀後もゆっくりと落ち着くことができない場合があります。
特に人徳がある方や社会的地位の高い方の場合には、この事態が長く続くことは想像に難しくありません。

3)家族葬に不満のある親族への対応に困る
家族葬のような小規模な葬儀ではなく一般葬を望んで不満を漏らす親族が出てくるケースも考えられます。嫁ぎ先や兄弟などが最期に粗末な扱いを受けたという印象を強く与えてしまった時に起きやすいトラブルになります。

4)葬儀に呼ばなかった関係者からの不満への対応に困る
故人との関係の深さを知らずに葬儀に声をかけなかった人が、「なぜ葬儀に呼んでくれなかったのか」などと批判してくるケースも考えられます。心情として留意すべき部分ではありますので慎重な対応が求められます。

家族葬がおすすめな人の特徴

家族葬には、メリットもデメリットもそれぞれあり、どのような葬儀形式を選ぶかは慎重に考える必要性があります。そのうえで、それでも家族葬を選びたいという人は主に以下のような理由をお持ちのようです。

1)身内だけで静かに見送りたい
2)一通りお知らせしてもそもそもの参列者が少ないため、大規模にならない
3)少人数でも精一杯の気持ちで送りたい。

家族葬の注意点

遺族や親族など近親者を中心に行う家族葬には、身内だけでやっているという気楽さがある半面、だからこそ気をつけるべき注意点がいくつかあります。以下でそれらについて解説します。 

1)知人には事前に家族中心で故人を送る旨を伝えて理解を得る事
家族葬は、遺族や親族など近親者が中心の葬儀ですが、生前故人と親しかった友人や知人の参列を禁ずるわけではありません。そのような人たちに対して、家族葬を行ったということを葬儀の後に伝えることは、失礼にあたる場合があります。
もしもの時にもコミュニケーションをとって、お気持ち次第では参列いただくことを促すのが筋というものです。故人の人生を最後に否定されるようなことにならないためにも慎重に対応しましょう。

2)香典・供花の扱いを明確にする
家族・親族を中心に行うことを伝えるとともに、香典やお供え物、供花などの取り扱いについても連絡する必要性があります。

3)故人の遺品を49日を目途に整理整頓する
故人の遺品は遺族が49日目途に整理し、親族や故人と関係の深かった友人などに形見分けするのが一般的です。遺族が故人と離れて暮らしている場合、遺品整理が難しいケースもあります。最近は、遺品整理を請け負う専門業者もおり、そのような業者に遺品整理を委託することもできます。

4)葬儀の希望は家庭の事情やお葬式へのイメージを明確にしっかり伝えること
葬儀の形式として家族・親族を中心に行うことを決めたら、葬儀社には自分たちが希望している葬儀のイメージを明確に伝えることが必要で、ひと口に家族葬といっても以下のようにさまざまな解釈やバリエーションがあるので、葬儀社にはできるだけ具体的なイメージを伝えることが大切です。

・可能な限り葬儀費用を抑えたい→火葬だけ行い、通夜や告別式を行わない直葬
・参列者が高齢者ばかりで短時間で葬儀を終えたい→告別式と火葬だけを行う一日葬
・故人が音楽好きで特定のジャンルの音楽を流したい→葬儀の中で音楽を流す音楽葬

まとめ|葬儀に迷ったらまずは事前相談をしよう

葬儀を行うにあたり、もっとも気になることの一つが葬儀費用です。それは家族葬であっても同様ですが、葬儀費用を見積もるうえで考慮すべき「人数」「式場」「宗教」を明確にした見積もりを提示しない葬儀社もあります。そのような葬儀社は、葬儀費用をパック料金「総額○○万円でOK!」などと、いかにも低額ですべてをまかなえるようにアピールしておきながら、中身はまったく不十分だったということもあります。

公益社では、この「人数」「式場」「宗教」の3項目をしっかり押さえて実際の利用を見据えた費用を算出いたします。そして、お客様のご希望にそった形で必要不要を洗い出し、過不足のない家族葬を実現いたします。家族葬をとり行いたいとお考えであれば、ぜひ一度お問合せください。24時間365日ご相談を受け付けております。

家族葬についてさらに詳しくはこちらをご覧ください。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ