費用を抑えてお葬式をシンプルに行う方法|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

費用を抑えてお葬式をシンプルに行う方法|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

お役立ち情報

知識

費用を抑えてお葬式をシンプルに行う方法

費用を抑えてお葬式をシンプルに行う方法

時代が移り変わり、人々の葬儀に対する価値観や核家族化などの家族の形態の変化とともに、お葬式のスタイルにも新たな流れが生まれています。
今回は、費用を抑えて極力シンプルに行う「直葬」という葬儀スタイルについてお話ししていきたいと思います。

シンプルなお見送りに必要なこと(最低限必要なこと)

「直葬(ちょくそう)」とは通夜や葬儀・告別式などを行わない形態で、昔から行われている葬儀スタイルです。マスコミで取り上げられることもあり、名前だけは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。基本的には宗教的儀式を行わず、火葬だけで見送ることから「火葬式」と呼ばれることもあります。
火葬のみではありますが、枕飾りを置いたり死装束をつけて旅支度をするなど手厚く送る場合もあります。また僧侶を招いて枕経を上げてもらうことや、火葬前に炉前で読経を行うこともできます。

直葬とともに「家族葬」という言葉もよく聞かれるようになったため、同じものだと混同している方もいらっしゃいますが、両者は違うものです。いずれも少人数でごく近しい近親者で見送ることは同じですが、家族葬では通夜・葬儀が行われますので、まったく別のものになります。

臨終から直葬までの流れ

ここからは実際の直葬の手順をお話ししていきます。
ご臨終のあと、医師から死亡診断書(死亡届)を受け取りご遺体の搬送を依頼します。ご遺体を火葬場などに安置し、死亡届と火葬許可申請書を自治体へ提出。葬儀社と打合せをしたあと、荼毘(火葬)にふします。
通常の葬儀の場合は納棺のあとに通夜、告別式という流れになりますが、直葬ではその儀式がありません。ご逝去後に直接火葬場などへ向かい、ここで最後のお別れをします。そして火葬→拾骨となります。

直葬の費用

直葬を選ぶ理由はそれぞれの家庭の事情によって実にさまざまですが、経済的な理由から選ぶ場合が多くなっています。
直葬を選んだ場合の費用相場と合わせて、メリット、デメリットを見ていきましょう。

費用は大きく分けて2つの項目に分類されます。

(1)葬儀社に支払う費用
お棺の費用、寝台車代、枕飾り、ドライアイス代、遺体安置保管料、人件費など。

(2)火葬場に支払う費用
火葬費用、待合室使用料、骨壺代など。

シンプルな流れなのでその分時間が短縮でき、費用面でも出費を抑えることができるメリットがあります。また宗教的儀式がほぼありませんので、堅苦しい決まりごとにとらわれず行うことができ、気苦労から解放される面もあります。

しかし、一方であまりに素っ気なく、短い時間では気持ちの整理がつかず葬儀をすればよかったと後になってさいなまれる方もいるようです。親族の中にはきちんとお葬式をしたい、してほしいと願う方もいる場合があり、のちのちトラブルの原因になることもあるので家族や親族の間で理解を得ておくことが大切です。

また、注意しなくてはならないのが「葬儀一式〇〇円」と書かれている葬儀社の広告です。つい「〇〇円」という金額に目が奪われて低価格な印象を抱いてしまいがちですが、葬儀社によっては「葬儀施行にかかる費用」だけのことを、「葬儀一式」の金額としていることもあります。そのため思ってもみなかった追加費用がかかることになり、後々トラブルになります。

ですから、事前の説明や見積もりの際に、どんな項目が含まれているのか、そして自分たちが必要とする項目を含めた総額が一体いくらになるのかをきちんと確認することがとても大事です。

そして、これは直葬後の納骨のことになりますが、菩提寺がある場合は事前に直葬を行う旨を伝え理解しておいていただくことが必要です。直葬の場合、戒名やお経を上げる儀式がなかったことで、納骨を断られることがあります。この場合、戒名を付けたり葬儀のやり直しを求められることもあるので、事前に連絡をしてご住職の承諾を得ておくことが大切です。

まとめ|どうすればよいかわからないことは事前相談を

最後に記事の内容をおさらいしましょう。

・周囲の理解を得ていないと、宗教儀礼をきちんと行って送りたかったのに・・・。などの心理的なトラブルが起こることがある。

・その流れは納棺→安置→火葬→収骨(拾骨)と時間も短く、手間や費用の負担を軽くできるというメリットも大きいですが、その反面、お別れの時間があまりにも短く、気持ちの整理がなかなかつかなかったという後悔や、実は広告の金額以上の追加料金がかかる場合があるなどのデメリットにも目を向けておきたいところです。

・納骨時の菩提寺とのトラブルを避けるために、直葬を行う場合はあらかじめ菩提寺に許可を取っておくことを覚えておきましょう。

直葬の経験がない方は、まずは家族間や親戚などで話し合いをしましょう。それでも意見がまとまらない、細かなところがわからないというときには、葬儀社への事前相談がおすすめです。

公益社では直葬に関する事前相談を受付けております。24時間365日いつでも無料で、経験豊富なスタッフが対応いたします。ご相談はフリーダイヤルの電話、対面どちらでも可能です。対面の場合は、ご希望の場所までお伺いいたします。

葬儀の慣習は地域性によっても違いがあるものなので、事前相談から得た知識や情報をもとにじっくりご検討されることをおすすめいたします。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ