戒名は絶対に必要?意味・由来・つけ方などを紹介|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

戒名は絶対に必要?意味・由来・つけ方などを紹介|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀が終わった後の事

戒名は絶対に必要?意味・由来・つけ方などを紹介

戒名は絶対に必要?意味・由来・つけ方などを紹介

戒名は、人が亡くなった後につける名前だと考える方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。実はこの戒名、本来であれば生前に授かっておくものです。近年では亡くなってから授かる方が多くなっています。位の高い良い戒名を授けてもらうためには高額のお布施をしなければならないという話を耳にすることもあります。なぜ、お金を払って戒名を授けてもらわなければならないのでしょうか?本記事では、戒名の本当の意味やなぜ授けてもらう必要があるのか等、戒名について解説します。

【目次】
■戒名とは
■戒名の決め方
■宗派別 戒名のつけ方
■戒名にランクがある理由
■戒名を自分でつけることはできる?
■戒名をつけてもらった際のお布施の目安
■戒名は絶対に必要?
■生きているうちに授かる「生前戒名」
■菩提寺について
■まとめ

戒名とは

戒名の意味


戒名とは、仏弟子(ぶつでし)になった証として与えられる名前のことです。仏弟子とはお釈迦様の弟子や出家した弟子のことを意味する言葉です。つまり、戒名を授けられるということは仏門に入ったことになります。厳しい戒律を守り仏門に入り、修行をして経典を勉強した人が学びの証として授かるものです。

戒名は故人に対してつけるものだと思っている方も多いのですが、元々は生前に与えられるものです。出家して仏弟子に入ったものに与えられるものですが、出家していない人も、亡くなると戒名を授けてもらうようになりました。戒名は、仏の世界における故人の名前ということになります。仏教以外の宗教に戒名はありませんが、それに近いものはあります。神道には「霊号」という亡くなった人の御霊としての名前があります。キリスト教の場合は、洗礼を受けた時に授かる「洗礼名」があります。

戒名を授けてもらう理由


故人に戒名を授けてもらう理由は、出家していない人も迷うことなく極楽浄土へ行くためです。仏教では、戒名を授けてもらい戒名で葬儀を行うと、迷うことなく極楽浄土に導かれると考えられています。宗派によっては戒名ではない場合があります。浄土真宗では戒律がないため戒名ではなく「法名(ほうみょう)」と言い、日蓮宗では「法号(ほうごう)」が授けられ極楽浄土へ行くことができます。

戒名が広まった時期


仏教の発症の地と言われているインドでは、戒名というものはありませんでした。仏教が中国に伝わってから登場したと考えられています。現在、日本にある戒名は日本独自のものです。日本で戒名が広まったのは江戸時代と言われています。裕福な人は高額なお金を支払い、位の高い戒名を授けてもらい身分の高さや富をアピールしていたようです。戒名は、一般的に家族や夫婦は同じ位にとなります。要望や事情がある場合は菩提寺に相談しましょう。

戒名の決め方

戒名の決め方には一定のルールがあります。まずは戒名を構成する4つの号について解説します。

院号・院殿号


院号は後続や貴族、社会的貢献度が高い人に与えられる位であるため、すべての人に付くものではありません。院殿号は、戒名の中で最も高いランクに位置していて、身分の高い貴族や身分の高い武士に授けられていました。院号は戒名の始まりとなり「〇〇院」と表します。院殿号は、院号の次の位の戒名ですが、院号を使う人が少ないため事実上戒名の中で最高位となっています。「〇〇院殿」と表します。院号も院殿号も付かない戒名も多くなっています。

道号


道号は、悟りを開いたものに与えられます。故人の性格を表す部分とされていて、戒名とのバランスを考えてつけることが多くなっています。水子・幼児・未成年者には、道号はつけません。道号によく使われる文字は、場所を表す文字「海・山・峰」など、人や性格を表す「光・老・翁」など、住居を表す「殿・斎・宅」などがあります。道号にふさわしくない文字として、縁起が悪い「死・病・狂」や縁起が良い物「祝・鶴・笑」などが挙げられます。

戒名


戒名は2文字で表現されるものですが、位牌や墓石に刻まれる約10文字を合わせたものも戒名と呼びます。ここでいう戒名は、道号に続く2文字のことです。戒名の2文字のうちの1文字は現世での名前から、残りの1文字は仏様や経典から取ることが多いです。他にも「生前の職業を連想させる文字」、「尊敬する人に関係する文字」、「先祖代々受け継いでいる文字」などがよく使われます。戒名に使うことができない文字として「天皇家を連想させる文字」、「不吉なことを連想させる文字」、「響がよくない文字」などがあります。

位号


位号は、成人か否かによってつけ方が異なります。成人でも性別・年齢・社会的貢献度・社会的地位・信仰心によって位が決まります。

・男性:大居士→居士→信士 女性:清大姉→大姉→信女

男性には侍を意味する士の文字が付き、女性は姉や女という女性を意味する文字が付きます。信士・信女には、煩悩の穢れが無く正しい信仰をもっているという意味があります。居士とは、インドでは富豪という意味がありました。大姉は身分が高い女性という意味があります。

・水子・幼児・未成年者の位号は、性別と年齢に応じてつけられます。
・男児:4~5歳以下→幼児・嬰児(みどりご)・孩児(がいじ) 15歳くらいまで→童子・大童子
・女児:4~5歳以下→幼女・嬰女(みどりご)・孩女(がいにょ)15歳くらいまで→童女・大童女
・水子・幼児→水子

宗派別 戒名のつけ方

戒名のつけ方には、宗派別の特徴があります。そのため、戒名を見れば故人の宗派がわかります。

真言宗


真言宗の戒名には、戒名の一文字目に大日如来(だいにちにょらい)を意味する「アの梵字」が使われるという特徴があります。これは、大日如来の弟子であるということを意味しています。大日如来は密教において中心的な仏であり宇宙そのものであるとされています。幼児の戒名には、子供を守ってくれる地蔵菩薩を意味する「力の梵字」が入ります。

・戒名の構成:梵字→院号→道号→戒名→位号

浄土宗


浄土宗の戒名は念仏の教えを受けた証として「誉」の一文字が与えられます。浄土宗の場合は菩提寺によっては、道号が付かずに院号の下に誉号が付くことがあります。浄土宗では白木位牌を使用しますが、その一文字目には阿弥陀如来を意味する「キリークの梵字」を使用することがあります。
戒名の構成:院号→道号→誉号→戒名→位号

浄土真宗


浄土真宗では、仏弟子になった証として戒名ではなく「法名」が与えられます。他の宗派にある道号はありません。法名の前に釈(釋)の文字が入ります。浄土真宗では、阿弥陀如来の教えに基づき位号はつけません。

・戒名の構成:院号→釈号→法名

日蓮宗


日蓮宗では、仏弟子になった証として戒名ではなく「法号(日号)」が与えられます。法号には「日」の文字が入ります。日蓮宗の特徴として道号は男女で異なり男性は「法」女性は「妙」の冠字が入ります。道号には「法」や「妙」が用いられます。

・戒名の構成:院号→道号→法号→位号

曹洞宗・臨済宗


曹洞宗・臨済宗の戒名は、白木位牌の一文字目に「現世の務めを終えあの世に帰る」という意味の「新帰元」と記されます。曹洞宗の場合は、対句熟語の戒名が多くみられます。

・戒名の構成:院号→道号→戒名→位号

戒名にランクがある理由

仏道では、人はみな平等であると説いているにもかかわらず、なぜ戒名にランクがあるのでしょうか?これは、高貴な身分であることや、名家の生まれであること、生前に功績を残したことなどの証や故人の存在価値を子孫に示したいという表れという説があります。代々のお墓を守る上で、戒名によってご先祖様の功績がわかるようにするためです。

戒名を自分でつけることはできる?

戒名は菩提寺の僧侶から頂くもの、授かるものですが自分でつけてはいけないというルールや法律はありません。しかし、勝手につけるのではなく一度菩提寺の僧侶に相談すると良いでしょう。自分の希望を聞いてもらえる可能性もありますので、トラブルを防ぐためにも、一度菩提寺の僧侶に尋ねることをおすすめします。

戒名をつけてもらった際のお布施の目安

お布施の金額は定額であったり、戒名料不要であったり菩提寺により様々です。戒名の位号により異なりますが、一般的には約30万~50万円とお考え下さい。戒名の位ごとのお布施は、次の通りです。

・院号・法院号:100万円以上
・居士・大姉 :500,000円~800,000円
・信士・信女 :100,000円~500,000円

お布施の金額は明確ではないので、あくまでも目安としてご参考にしてください。お布施は、お通夜や葬儀をお願いに伺った時に渡しましょう。通夜や葬儀の前、お帰りの際でも問題ありませんが、できる限り早く渡したほうが良いとされています。

戒名は絶対に必要?

仏式の葬儀を行う人は、戒名が必要です。お墓に入るためには戒名が必要だからです。先祖代々のお墓があり菩提寺がある方は、戒名が必ず必要です。お墓は菩提寺の土地を借りて建てられています。菩提寺のルールに従うことができない人は、お墓に入ることはできません。更には、菩提寺の僧侶以外の人に戒名を授かったり、自分で戒名を決めたりする人もお墓に入ることができない可能性があります。
戒名を授からなければ、お布施の費用を抑えることができますが、戒名を授からないことで菩提寺との関係が悪くなり、同じお墓に入る子孫に迷惑をかける可能性があります。

もし、戒名をつけたくないという方は、仏教以外でも納骨することができる墓地を選ぶと良いでしょう。例えば、宗教を選ばない公営の墓地や永代供養墓、納骨堂などであれば、ほとんどの場合戒名がなくても問題ありません。

生きているうちに授かる「生前戒名」

戒名は本来生きているうちに授かるものでした。現在でも生きているうちに戒名を授かる「生前戒名」が可能です。生前戒名は自分自身もかかわることが可能なので、納得できる戒名を授かることができます。宗派によっては、生前戒名は尊いこととされています。生前戒名を授かった場合は、必ず家族に報告しましょう。残された家族が知らないと、別の戒名を授かる可能性があるからです。生前戒名を授かったことを家族に説明しておくことを忘れないようにしましょう。

菩提寺について

菩提寺とは?


戒名は菩提寺の僧侶に授けてもらうものですが、菩提寺とは何でしょうか。菩提寺とは、先祖代々のお墓があるお寺のことです。菩提寺があるということは、そのお寺の檀家であるということです。菩提寺の僧侶には葬儀や法事、法要時に読経をしてもらいます。また、仏事でわからないことがあった時には、相談に乗っていただける存在です。

菩提寺がわからない場合はどうすればいい?


現代は親戚付き合いなどが希薄になり、自分の菩提寺を知らない方も多くいらっしゃいます。自分の菩提寺がわからない場合はどうすればいいのでしょうか?まずは、ご両親や親戚などに確認しましょう。親戚の葬儀や法事、法要の際に読経をして頂いていた僧侶がいるはずです。それでもわからない場合、葬儀社に紹介してもらうかご自身で探すことになります。ご自分の宗派がわかっている場合には、葬儀社に伝え、僧侶を紹介してもらいましょう。

まとめ

戒名は、出家していない人も迷うことなく極楽浄土に導かれるように授けてもらう故人の名前です。戒名のつけ方には宗派によって特徴があるため、戒名を見れば故人の宗派がわかります。位が高い戒名を授けてもらうためには、高額のお布施が必要になることもありますが、菩提寺によっては定額または戒名料無料の場合もあります。戒名は自分でつけるものではなく授けていただくものですが、どうしてもつけたい文字がある方は、菩提寺の僧侶に相談しましょう。

その他葬儀に関するお役立ち情報はこちら

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ