四十九日法要のお返しは何を渡すべき?金額の目安は?|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

四十九日法要のお返しは何を渡すべき?金額の目安は?|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀が終わった後の事

四十九日法要のお返しは何を渡すべき?金額の目安は?

四十九日法要のお返しは何を渡すべき?金額の目安は?

仏教の世界では、亡くなった日を1日目として、四十九日目に来世の行き先が決まる最も重要な日とされています。故人が極楽浄土に行けるよう祈るため死後7日ごとに忌日法要を行ったのち、四十九日法要を執り行います。葬儀を終えたら少しずつ四十九日法要に向けて準備をしていかなければなりません。四十九日法要を迎えるために必要な準備やお返しの相場についてご紹介します。

目次
■四十九日法要とは?
■四十九日法要に向けた準備
■四十九日法要のお返しとは
■お返しを送る際の注意点とは
■お礼状や挨拶状の書き方を教えて
■のし紙(掛け紙)の書き方とは
■お返しはいつ渡せばいい?

四十九日法要とは?

故人が亡くなってから七週間は、極楽浄土を目指して現世と来世の間を旅しているといわれています。この期間を「中陰(ちゅういん)」と呼びます。仏教の考え方である輪廻転生(りんねてんしょう・りんねてんせい)では、命日から四十九日間に六道のうち、どの世界に生まれ変わるかについて、四十九日目に最後の裁きを受け、行き先が決定されると言われています。故人のために僧侶を招き法要を催すのが四十九日法要の本来の目的です。

この日をもって、故人はご先祖様に仲間入りし仏様になります。また、喪に服していた遺族が日常生活に戻る「忌明け」とされています。そのため、四十九日法要は「忌明け法要」とも呼ばれています。ただし、仏教の中でも浄土真宗は臨終と同時に成仏するという教えであるため、四十九日法要は故人のために催すのではなく、ご遺族が故人を偲ぶための法要と考えられています。

四十九日法要に向けた準備

葬儀が終わったら、四十九日法要を行うための準備に取り掛からなければなりません。まずは法要の日取りを決めましょう。四十九日法要は参列者の都合を考えて土日祝日に開催されることが多いです。死後四十九日目が休日に当たらない場合や都合がつかない場合には当日でなくても構いませんが、日程は後ろにずらすのではなく、可能な限り前にずらすようにしましょう。

日取りの候補が決まったら、四十九日法要を行う会場を検討しましょう。菩提寺や自宅だけでなく、葬儀会場やホテルなどでも法事のプランが用意されています。まずはお寺に連絡し、お坊さんが手配できて詳細が決定したら、電話や法要案内はがきなどで法要について参加いただく方へご案内してください。



四十九日法要では、白木位牌から本位牌に魂を移す「魂入れ」を行います。(※浄土真宗や一部宗派を除く)
本位牌は葬儀社や仏壇店で手配できますので準備しておきましょう。法要が終わると、本位牌は仏壇に安置しますので、自宅にない場合は準備をしてください。

そして、四十九日法要と合わせて納骨を行うという方も多くいらっしゃいますので、その場合にはお墓の準備も進めておきましょう。また、新しい仏壇は「開眼供養(かいがんくよう)」が必要になりますので、これも四十九日法要のタイミングで行うことが多いです。

四十九日法要のお返しとは

四十九日法要に参加される方は、故人の葬儀にも参列された方がほとんどです。四十九日法要の際にも香典やお供えを持参しますので、お返しを用意する必要があります。これを法事の引き出物(粗供養)と言います。

引き出物について


法事の引き出物(粗供養)は、施主から感謝の気持ちとして用意します。法事の引き出物は不祝儀ですので、形に残らない「消えもの・消耗品」を渡すのが基本的なマナーで、海苔、お茶、お菓子、タオルなどが人気です。

選び方のポイントとしては、会場まで車で来られる方が多いのであれば洗剤や調味料でもよいですが、そうでなければあまり重たすぎるものは避けた方がよいでしょう。また、季節によってはそうめんやゼリーなども人気です。参加いただく方々へ配慮して皆さんに受け入れやすいお品選びをしてください。

法事の引き出物の金額としては、3,000~5,000円が目安です。法事で頂く香典の金額に関わらず同じものをお渡しします。

香典返しについて


四十九日法要に出席される方のほとんどの方から、葬儀の際に香典を頂いています。葬儀の際には会葬返礼品をお渡ししていますが、それとは別に法要でいただいた香典に対して香典返しを行う必要があります。また、葬儀当日に「即日返し」をしている場合でも、香典が高額な方には別途香典返しを用意する必要があります。

高級感のあるものやこだわりを感じられるものを選ぶと喜ばれます。例えばタオルら今治タオルや高級ブランドのもの、お菓子であってもあまり手に入らない特別感のあるものなどがおすすめです。香典返しとしてお渡しする品物は、法事の引き出物と同じようなものが選ばれています。形に残らない乾麺や生活用品などの消耗品を選びましょう。

お返しを送る際の注意点とは

香典返しや法事の引き出物は消えるものを選ぶのがマナーですが、中でもタオルは「不幸を拭い去る」、「悲しみを覆い、包み込む」という意味合いを持つため、香典返しに向いている品物です。

食べ物や飲み物は「悲しみや不幸を食い消す」、入浴剤や洗剤などは「悲しみや不幸を洗い流す」という意味合いで選ばれることが多いです。肉、魚などの「四つ足生臭もの(よつあしなまぐさもの)」は一部の地域や宗教でタブー視されています。

また、祝いごとや神事のお供え物として主に慶事で扱われることの多い日本酒、昆布や鰹、紅白のものなども不向きです。は事の引き出物として適さないため、避けましょう。法事の引き出物につけるのし紙は、通「外のし」が一般的です。

お礼状や挨拶状の書き方を教えて

法事の引き出物や香典返しには、感謝の気持ちとご挨拶を兼ねて、お礼状や挨拶状を添えるのが礼儀です。喪中はがきなどと同様に法事のお礼状や挨拶状にもマナーがありますので押さえておきましょう。

香典返しや法事の引き出物に添える挨拶状は、手渡しか宅配かに関わらず必要です。お礼状や挨拶状を書く際のルールとしては、喪中はがきや他の挨拶状と同じように句読点を使いません。またお礼状や挨拶状は基本的には縦書きです。その他に重ね言葉を使わない、季節の挨拶は入れない等があります。

句読点に関しては「葬儀や法事が滞りなく流れるように終わりますように」と言う意味合いが込められているためとされています。理由としてはいくつかありますが、句読点が生まれた当時は、句読点を多用するのは目上の人に失礼と考えられていたそうです。

ちなみに、慶事の挨拶状においては句読点で文章を「区切る」、「終わらせる」のは縁起が悪いので避けるべきとされています。


お礼状の構成・具体例について


お礼状の基本的な構成については以下の通りです。より詳細な例も紹介していますので、参考にしてみてください。

<基本的な構成>
① 頭語(拝啓など)
②葬儀への参列や香典のお礼
③法要を滞りなく終えた報告
④香典返しの品物を贈った旨を伝える
⑤お礼を略儀で済ませることへのお詫び
⑥結語(敬具など)
⑦日付
⑧差出人の名前

●香典返しに沿えるお礼状(戒名あり)
①謹啓 ご尊家ご一同様には御清祥の御事とお慶び申し上げます
②さて先般 亡母 〇〇 儀死去の際には御多忙中にもかかわらず
 御懇篤なる御弔慰を賜わりなお御鄭重なる御香志を賜り
 誠に有難く厚く御礼申し上げます
③お蔭をもちましてこの度
 〇〇〇〇信女(戒名が入ります)
 七七日忌明の法要を相営みました
 これ偏に皆様の御陰と深謝いたす次第でございます
④つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしましたので
 何卒御受納下さいますようお願い申し上げます
⑤早速拝趨の上御礼申し上げるのが本意で御座いますが書中をもって
⑥失礼乍ら謹んで御挨拶申し上げます 敬具

⑦令和〇年〇月
⑧〇〇 〇〇(喪主の名前)

●法要の引き出物に添えるお礼状
①拝啓 ご尊家ご一同様には御清祥の御事とお慶び申し上げます
②亡母 〇〇 儀四十九日法要に際しましては御多用中のところを遠路お運び頂き  誠に有り難く厚く御礼申し上げます
③お蔭をもちましてこの度四十九日法要を滞りなく済ませることができました
 ご厚情に感謝申し上げますと共に今後とも変わらぬご厚誼を賜りますよう
 お願い申し上げます
④つきましては 偲び草のしるしまでに心ばかりの品をお届けいたしましたので
 何卒御受納下さいますと幸甚に存じます
⑤早速拝眉の上御礼申し上げますべき筈のところ
⑥略儀典礼ながら書中をもちまして謹んで御挨拶申し上げます 敬具

⑦令和〇年〇月
⑧〇〇 〇〇(喪主の名前)

お返しはいつ渡せばいい?

引き出物と香典返しをお渡しするタイミングとしては、忌中は避け、忌明けに行います。期間としては忌中が明けて翌日以降から1ヶ月以内を目処に行うのがよいでしょう。もし大幅に遅れてしまった場合はお詫びの文章を追加します。

四十九日法要でお返しを渡す場合、会食が行われるのであれば会食が終了する前に渡します。会食がない場合は、法要後に渡しましょう。また、法要を欠席された方が香典やお供えを送ってくださった場合は、その方にも御礼の品を手配しましょう。

また、読経をしてくださったお坊さんにも法事の御礼の品をお渡しすることがありますので、手配する数に加えておきます。

公益社の「葬儀サービスの紹介」



葬儀が終わった後も仏事は続いていきます。大切な人を亡くした悲しみが癒える間もなく、法事の準備、お墓、仏壇などの供養に関する手配を行う必要があります。公益社では葬儀だけでなく葬儀後のお手伝いや残されたご遺族の心のケアなどにも取り組んでいます。

葬儀後の諸手続きや香典返し、法要、お墓やお仏壇などの仏事に関するお困りごとやお悩みがございましたら公益社にご相談ください。トータルでサポートいたします。

公益社に家族葬の相談をする

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ