今さら聞けない「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは?|葬儀・お葬式なら【公益社】

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

24時間365日受付 0120-888-627
 

メニュー

今さら聞けない「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは?|葬儀・お葬式なら【公益社】

きっと役立つ!

葬儀の知恵袋

葬儀

知識

今さら聞けない「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは?

今さら聞けない「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは?

今さら聞けない「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは?

誰かが亡くなったときに催す、通夜、葬儀、告別式。名前は聞いたことがあって参列したことがあっても、それぞれがどのような目的で執り行われているのかということを知らない人も多いかと思います。
そこで今回は、通夜、葬儀、告別式がどのようなものなのか、それぞれの特徴をご紹介します。

通夜とは

通夜とは、死者を葬る前に、ご家族やご友人、知人の方々が集まり、遺体のそばで時間を過ごしたり供養したりすることを指します。
もともとは夜を通して行っていたので、通夜という呼ばれ方をしています。
しかし、現在では1時間~3時間で終わるものが主流です(半通夜と言われることもあります)。
通夜は、親しい人が故人と別れを惜しみつつ、最期の夜を過ごしたりするための場です。
基本的には葬儀、告別式に先立って行われ、故人と親しかった人たち(家族、親戚、友人、近所の方、仕事関係の方など)が参列します。
18時~19時頃から始まり、参列者は焼香を行い、故人の遺族が通夜振る舞い(料理などを用意)をして参列者をもてなすのが一般的です。

葬儀とは

葬儀とは、ご家族やご友人、知人が故人の冥福を祈り、死者を葬るための儀式です。
宗教や宗派によって異なりますが、仏教であれば僧侶による読経や焼香、神道であれば神官による祭詞や祈祷、キリスト教であれば聖書の朗読やお祈り、などが葬儀にあたります。
一般的には通夜の翌日の昼間に行われ、時間はだいたい1~3時間です。その後出棺して荼毘(火葬)にふされます。
多くの場合、火葬後に続けて繰り上げの初七日法要が行われます。

告別式とは

告別式とは 告別式とは、故人と最期のお別れをする式典のことです。焼香や玉串奉奠(たまぐしほうてん)、祈祷、献花などが告別式にあたります。
葬儀の直後に続けて行われることが一般的となっており、通夜と葬儀ほど、儀式と儀式の間の明確な区切りはありません。
最近では、葬儀と言う場合には、その中に告別式という意味合いも含めて使われることが多くなっています。
葬儀は宗教色が強い儀式になりますが、告別式は宗教儀式にあまりとらわれることなく、一般会葬者を含めて故人とお別れをする式典となります。

混同しがちな、通夜、葬儀、告別式の違いについてご紹介しました。
それぞれの儀式や式典の意味とそれぞれの目的を知り、故人との最期のひとときを後悔なく過ごせるようにすることが大切です。
通夜や葬儀や告別式のことでご不明点がある場合は、お気軽に公益社にご相談ください。

また、通夜・葬儀・告別式の流れについて、あわせてこちらもご覧ください。

葬儀のことでお困りの時は
公益社にお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

無料相談

お問合せ・資料請求

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
公益社は 葬儀前、
お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポート

弔亊マナーや
葬儀費用の
準備など

必要なものや、
病院のお迎えに
ついてなど

相続相談·
遺品整理・
仏壇、仏具選びなど

公益社のサポート期間

公益社のお葬式が選ばれる
7つの理由

0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ
ページトップ