公益社HOME  >  家族葬

家族葬

家族葬

家族の絆を大切に、ゆっくりとあたたかなお見送りを。

時代背景やライフスタイルの変化により家族葬が増えています。集まる人数などの関係から比較的ゆっくりとした時間が流れ、故人に接しやすいお別れの場となることが多いようです。家族葬と言えども特別な形があるわけではなく、周囲への配慮はもちろん必要になりますから、基本的に行うべきことは一般的なお葬式の時と大きな差はありません。公益社ではご要望にあわせて、あたたかな家族葬をご提案します。

こんな方におすすめ

親戚が少なく人付合いの範囲も狭いため集まる人が少ない方
ゆったりとした時間の中であたたかく見送りたい方
周囲に気兼ねなく親しい人を中心としたお葬式にしたい方

家族葬とは?

家族葬とは?

家族葬には明確な定義や形がなく、言葉だけが先走りしている傾向があります。言葉の印象による解釈も人それぞれで違いますので注意しましょう。

家族葬とは?

公益社ならではの家族葬

公益社ならではの家族葬

公益社会館は家族葬にもご利用いただけます。自社の葬儀会館を保有する強みを活かし、細部まで行き届いたサービスをご提供いたします。

公益社ならではの家族葬

式次第(式の流れ)

式次第(式の流れ)

宗教形式やご希望により、式次第は変わります。ここでは、家族葬の式次第を一例として、ご案内いたします。

式次第(式の流れ)

家族葬の準備

家族葬の準備

お急ぎの場合に必要なものから家族葬を検討する上での準備などについて解説いたします。

家族葬の準備

家族葬の費用

家族葬の費用

家族葬の費用について、項目別にポイントなどとあわせてご案内いたします。

家族葬の費用

家族葬の注意点

家族葬の注意点

家族葬で注意すべきポイントについて解説いたします。実際のエピソードなども含め、後悔しないためにご確認ください。

家族葬の注意点

公益社のトータルサービス

ご移動・安置
無料相談

無料相談

「何をしたら良いか」が直ぐに判断できない場合にも。

故人の移送

故人の移送

逝去先から自宅などの安置先へお運びします。

安置のお手伝い

安置のお手伝い

布団にお寝かせするなどのお手伝いをします。

安置施設ご案内

安置施設ご案内

自宅以外の安置施設をご提案します。

故人の手当て

故人の手当て

ドライアイスの手当てやエンバーミングを行います。

お参り用具設置

お参り用具設置

小机・お線香・ローソクなどを準備します。

通夜・告別式
司会・進行・誘導

司会・進行・誘導

司会進行から参列者の誘導・案内などを行います。

供花・供物

供花・供物

お供えものの準備から設置までを行います。

返礼品

返礼品

参列者の会葬御礼品などを用意します。

式場設営・葬具

式場設営・葬具

祭壇・式場の設営から葬儀に必要な物品を用意。

霊柩車・バス

霊柩車・バス

火葬場などに移動する車輌を用意します。

料理

料理

通夜・朝食・葬儀後の御膳などを用意します。

葬儀後のサポート
法事・法要

法事・法要

公益社会館からホテル・レストランなどをご紹介。

位牌・仏壇

位牌・仏壇

幅広い種類の位牌・仏壇を適正価格でご提供。

お墓のご紹介

お墓のご紹介

厳選した墓地・霊園・納骨堂などをご案内。

相続・諸手続き

相続・諸手続き

相続や諸手続きに関する専門家・相談先をご紹介。

香典返し

香典返し

香典帳の整理から御品選びまでをお手伝い。

ひだまりの会

ひだまりの会

明日への一歩を踏み出していただく遺族サポート。

どんなことでもご相談ください。

どんなに些細と思われることでも構いません。ご不明な点がございましたらご相談ください。ご相談により全体的なイメージが明確になります。

よくあるご質問

  • もしもの時に、注意すべきことは何ですか?
  • 死亡届などの公的手続きは、どうすれば良いでしょうか?
  • お葬式を行う場所や火葬場は、どこが便利でしょうか?
  • 葬儀費用はどのくらい必要でしょうか?
  • すぐに必要になるものは何でしょうか?
どんなことでもご相談ください。

家族葬についてよくある質問

家族葬とは家族だけで行う葬儀のことですか?
いいえ。必ずしも家族のみで行うものとは限りません。
小さなお葬式(数名~15名ほど)に対して、その総称や言葉の便宜上で使われていることが多く、使用する人や葬祭業者によっても解釈が異なっています。家族葬の内容も様々であることから、必ずしも家族のみで行う葬儀を指すと決めつけないほうがよいでしょう。家族葬の定義は曖昧ですが、お身内を中心としたお葬式に用いられることが多いようです。

また、家族葬だからといって親族以外の方が参列してはいけないという訳でもありません。関係性としては一般に該当するとしても、お気持ちが大きい場合には参列してお別れし、ご遺族に対してもきちんと接することでお互いの気持ちが通じることでしょう。根本的なことになりますが、しかたなく義務的に参列するようであれば、お互いにとって負担になってしまいます。喪主側は、関係縁者に不義理にならないような慎重性を持ち、参列者側としては、お身内の方々が故人と向き合う大切な時であることを踏まえつつ、同様に自身にも問いかけながら最期のお別れに向き合うこと、またはご遺族をケアすることが大切になります。
家族葬の際、訃報を伝える範囲はどこまでですか?
家族葬の定義が曖昧なことから訃報をお伝えする範囲も様々です。明確な決まりはないので迷われることが多いようですが、お葬式が終わってから声をかけておけばよかった…と後悔したり、これまでの関係性を踏まえて相手に失礼になったりしないようにお知らせを行う方がよいでしょう。最近では高齢化や社会情勢の影響もあり、一通りお知らせをしても一昔前のように義理の参列で大人数になることは少ないようです。仮に大人数になったとしたら、それは縁や関係性を大切にできた証でお知らせが必要だったことを示していることになるでしょう。

最近では、エンディングノートに前もって連絡先を整理して一覧を作成している方もいらっしゃいます。いざという時に慌てないために準備しておくとよいでしょう。公益社では、オリジナルのエンディングノートをご用意しています。必要な方には無料で進呈いたしますのでどうぞご活用ください。ご希望の方は、お電話やメールにてお気軽にお問合せください。公益社が開催するイベントやセミナーなどの際にも差し上げています。
家族葬は、どこで行うのがよいでしょうか?
公益社会館や小さなセレモニーホールを利用される方が増えています。
家族葬は比較的少人数で行われるため、家族葬向けの式場が必要になります。ご自宅で行われることもありますが、ご近所との兼ね合いにより家族葬に向かないこともありますので、ご予算とのバランスを見ながら検討しましょう。公益社では家族葬の式場をお探しの方に、公益社会館をはじめ多数の葬儀式場をご案内しております。式場ごとに仕様や特徴が異なりますので、立地や火葬場との位置関係などをふまえて利便性のよい式場を選ぶとよいでしょう。公益社では、ご希望にあわせて様々な角度から利便性を考慮しながら式場をご提案いたしますので遠慮なくご相談ください。
家族葬と密葬は違うのですか?
はい。家族葬と密葬は違います。
密葬とは、後日密葬とは別に本葬(社葬・お別れの会・偲ぶ会など)を行うことを前提としている葬儀の事を言います。故人や遺族の交友関係が広く、多数の参列者が予想される場合は準備などに時間がかかることがございます。その際に故人と近親者がゆっくりとお別れができるよう本葬の前にお身内で葬儀、火葬を行うことを密葬といいます。
一方、家族葬は一般的に少人数で行う葬儀を表す言葉です。
密葬は後日に本葬を行う前提であるという事、家族葬は葬儀の規模や形態を表す葬儀の種類の一つとしてとらえておくと良いかと思います。
家族葬を行う上で注意点はありますか?
お知らせする範囲に注意が必要です。故人にご遺族が知らなかった交友範囲や人脈があった場合、家族葬が終わった後で故人を慕う方がお悔みを述べたいと次々に自宅を訪問され、のこされたご家族がその対応に追われて大変だったという話もございます。葬儀が終わった後のことも考慮して、慎重にお知らせの範囲を検討した上で、家族葬を行うのが良いでしょう。
家族葬や一般的なお葬式も故人の歴史を振り返り、ご遺族が故人への感謝と尊敬の念を新たにする大切な場であることに変わりはありません。
公益社では、ご希望をお伺いしながらご家族の葬儀後の生活にも配慮し、最適な家族葬をご提案いたします。
家族葬のメリット・デメリットは何ですか?
メリットとしましては、家族葬は集まる人数が比較的少くなる事からゆっくり周囲に気兼ねなく故人に接しやすいお葬式となることが多いようです。
また、参列者に対する気遣いの面で精神的な負担も軽減されるという事もあるでしょう。
その他には少人数でのお葬式となるため一人ひとりの想いを反映しやすい面もメリットと言えるでしょう。例えば故人が趣味で撮った写真を飾ったり、使っていたゴルフクラブを展示したりする事などが行われています。公益社では、ご一緒に家族葬をつくり上げていき、それぞれの想いをかたちにできるようにお手伝いいたします。

デメリットとして考えられるのは、周囲の理解を得ることが必要になります。「どうしてお葬式によんでくれなかったの?」「直接お別れを言いたかったのに…」などと、言われてしまうこともありますので注意が必要です。
また、参列者が少なくなるという事は香典の収入も少なくなるので決して家族葬だから費用が安く済む、というものでもないことを理解しておきましょう。
自宅がマンションのため、自宅での安置が難しいのですがどうしたらいいですか?
ご安心ください。もしもの時、公益社では病院などから24時間、いつでも直接ご安置ができる専用の個室をご用意しております。公益社の安置室は故人との大切な時間をご自宅のようにゆっくりとすごせるようにとの想いから作られたお部屋です。公益社の安置室を利用する事で心ゆくまで故人のそばに寄り添うことができ、落ち着いてお葬式の流れや段取りを考えることができます。また、遠方から時間がずれてお越しの方もごゆっくりと最期の大切な時を過ごすことができます。             
お電話ください。24時間 365日受付中 ご葬儀相談センター0120-94-8341供養 やさしい お急ぎの方はこちら お電話でのご相談 葬儀について皆様の不安を解消するため、24時間いつでも無料でご相談を承っております。

ページTOPへ

お急ぎの方はこちら お電話でのご相談 葬儀前 葬儀 葬儀後 トータルサポート