リビング新聞において当社 代表取締役社長 古内耕太郎のインタビューが掲載されま…

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

お知らせ

お知らせ一覧へ戻る

2010.10.30
メディア掲載

リビング新聞において当社 代表取締役社長 古内耕太郎のインタビューが掲載されました。

リビング新聞社が発行する「リビング新聞」(関西圏で配布)、『登場』と言うインタビューコラムにおいて古内社長による最近の葬儀事情と葬儀に対する考え方などについて紹介されました。

のこされた人々の心を癒しメッセージとなる儀式を(リビング新聞 2010年10月30日)

公益社 代表取締役社長 古内耕太郎さん

「今、葬儀の小型化現象が起きています。キーワードは“直葬”(お葬式をせず、直接、火葬を行う)や“家族葬”」。業界をリードする公益社の代表取締役社長として、その傾向を「残念なこと」と表す古内耕太郎さん。
中心とした関係だけでなく、社会的な位置づけもあります。最近はお香典を断る方が多いが、お世話になった人に弔意を示したいと思うのは当たり前のこと。それを拒否するのはどうかとおもうわけです。

80年近い歴史を持つ同社の強みは、「単なるイベントではない、葬儀の本質を踏まえてサービスしてきているということ」。葬儀担当の社員は厚生労働省認定の資格、葬祭ディレクターを受験。「丁寧にもてなすホスピタリティの気持ちを持ってサービスを行っている。これが他社との差別化につながっていると思っています」

さらに一歩進んで、のこされた人の悲しみを癒す「グリーフケア」にも取り組んできました。葬儀後も悲しみが癒えない遺族の対話の場「ひだまりの会」主宰や、遺体を長期間衛生的に保ち、生前の姿に近づける技術「エンバーミング」もその一環。「『安らかに眠っているような顔だね』と、お別れをすることで気持ちが穏やかになる。そうでなければ悲しみが癒えない」。土葬である欧米では一般的なこの技術も、日本での認知度はまだまだ。それでも、同社では50%~60%が利用。会葬の際に知り、「うちも」と申し込まれる例も多いとか。
 誰もがいずれは直面する葬儀。だからこそのアドバイスは「いざという時のために、身近な葬儀社を確認してください」。

そして古内さんに「自分の葬儀は?」と聞いてみると「個人として、企業人として、どちらにもメッセージを残せる葬儀を。多くの人に参列してもらうことで、私がどういう人だったかを子どもにも伝えたい。葬儀でその人のことがより分かり、見直す。そして遺族も納得して見送ることができると思います」


記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
リビング新聞 2010年10月30日
この記事は、リビング新聞社の許諾を得て掲載しております。

リビング新聞 当社 代表取締役社長 古内耕太郎のインタビュー

お知らせ一覧へ戻る

葬儀のことなら公益社にご相談ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。
人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ