家族葬の注意点と落とし穴を踏まえて、縁者の皆様に後悔のない家族葬の内容をご提案。

公益社は東証1部上場燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社です。

家族葬の注意点・落とし穴

家族葬には、お知らせ範囲を線引きすることで起こりうる、
注意すべき点や落とし穴があります。

故人の年齢や勤務先にもよりますが「ご家族が把握していない人脈や人徳」がある場合、家族葬が済んだ後で故人を慕う方が次々に自宅を訪問され、のこされたご家族が対応に困ってしまったという声を聞きます。後々のことも考慮し、慎重にお知らせの範囲を検討した上で、家族葬を行うことをおすすめします。

家族葬は適する場合と適さない場合があります。
過度に線引きをして下記のような事態にならないようにしましょう。

ご縁のある方には訃報を通知して社会的な区切りをつけることが必要です。
人生のしめくくり…、故人に代わり送る方が慎重に行わなければなりません。その時に故人や送る側の都合の「どちらかに偏ってしまう」と思わぬトラブルが発生しやすくなります。

「故人の遺志を尊重」して家族のみの葬儀

家族葬の祭壇と遺影

「家族だけで葬儀を…」と故人の遺志を受けた時でも、のこされた側からすると親戚に声をかけない訳にはいかないものです。たとえ家族だけで済ませたとしても、後に亡くなった事実を伝える必要性があり、親しい方から「なぜ?お葬式に呼んでくれなかったのか!」「もっと早く知らせてほしかった…」などと、やり場のない想いをあびせられることがあります。
さらに「せめてお墓参りをさせて欲しい」「お仏壇にお線香を…」と、相手が訃報を知ったタイミングで連絡が入り、その都度、対応に追われることになります。
年齢や人柄、勤務先の立場によってはご遺族の後の負担が大きいため、予め知らせたほうがよかったと後悔される場合がありますので、家族葬を行う際には慎重に判断するようにしましょう。

「葬儀費用を節約したい…」だから家族葬

葬儀にかかる費用

「低価格の家族葬」なら費用負担が少ない!?とは限りません。
たとえ「追加料金一切不要」などと宣伝されていても条件が異なれば必ず追加料金が発生します。料金トラブルを回避して正確な葬儀費用を算出するために必要な「基本3項目」があります。
それは「人数」「式場」「宗教」です。この3つが明確になっていない金額は、信憑性が低く曖昧だと言えます。
例えば「人数」。10名未満とそれ以上の時とでは様相が変わります。必要な物品、控室や車両はもちろんのこと、飲食・返礼品にも調整が必要になってきます。
また、「式場」も大小様々で各使用料金が違うことから葬儀を行う場所に指定がない場合、追加料金が発生する大きな要因となります。さらに宗教者の御礼の有無や戒名の位についても同様のことが言えます。
つまり、内容をつめることなく「低価格に見える家族葬」を選択しても、結果として想定外の出費が重なる危険性が高く本質的な節約に繋がらないと言えます。

ここが安心!公益社の家族葬

公益社では、基本の3項目をしっかりとおさえて葬儀費用を明確にご提示します。
そして、お客様のご希望にそった形で必要不要を洗い出し、過不足のない家族葬を実現いたします。
見せかけの広告金額に流されることなく内容への理解を深めてから比較検討する。これがとても大切なことになりますので、その違いについて知るためにまずはご相談ください。

0120948341

故人の社会的な立場や
つながりを考慮しましょう。

家族葬や一般的なお葬式も故人の歴史を振返り、ご遺族が故人への感謝と尊敬の念を新たにする大切な場であることに変わりはありません。
公益社では、ご希望をお伺いしながらご家族の後の生活にも配慮し、最適な家族葬をご提案いたします。

故人の過去を知る唯一の機会

食事の席などで、関係者から故人についてのエピソードが聞けることがあります。
よく見受けられる光景として、故人の友人がご子息に「あなたのお父さんはね・・・」と話しかけ、昔のことが伝えられたりします。「葬儀にお越しの方々から家族の知らない故人の一面を聞く機会」は、この時が最後かもしれません。

印象的なことの一つですが、会食の席で故人の友人が不仲だった息子さんに一生懸命何かを伝えていました。その言葉が心に響いたからでしょうか、息子さんは涙を浮かべながら式場に安置されているお父様の方へ歩を進め、棺にすがりついていたことが思い出されます。きっと親子の間で、何か行き違っていたものが繋がった瞬間だったのでしょう・・・。そっと、式場入口のドアを閉めさせていただきました。

最近では簡略化の影響からか、このような機会が失われつつあります。故人の願いや想いについて深く理解されないまま、その時が過ぎてしまうのはとても悲しいことではないでしょうか。

公益社は、ご遺族の大切な時をまごころこめてお手伝いいたします。

「会って話を聞いてから決めたい」という場合も、
遠慮なくお電話ください。

arrow
受付中 ただ今お電話つながります
24時間365日受付 通話無料 携帯電話可 0120948341
今ならお葬式資料セットを無料で差し上げております。ご希望の方はお電話、またはこちら ※資料画像はイメージです。 資料請求フォーム
無料相談承ります。

家族葬の基礎知識

人物

公益社は葬儀前、お葬式、葬儀後のお悩みを
トータルでサポートいたします。公益社のお葬式が選ばれる7つの理由

葬儀前に準備しておくことご存知ですか?
  • 弔事マナーがわからない…
  • 葬儀費用の準備みんなどうしてるの?
事前のご相談はこちら
突然のことでお困りですか?
  • 必要なものがわからない
  • 病院にお迎えをお願いしたいのですが、すぐ来てくれますか?
葬儀はこちら
葬儀を終えた後もやるべきことがたくさんあるのをご存知ですか?
  • 相続相談・遺産整理・遺品整理
  • 仏壇・仏具選び
葬儀後のことはこちら
公益社のサポート期間
0120948341
  • お電話でのご相談
  • お急ぎの方はこちら
ページトップ